The Place To Bury Strangers 『Exploding Head』

Exploding HeadExploding Head
(2009/10/06)
A Place to Bury Strangers

商品詳細を見る


大傑作だこりゃ。
というわけでシューゲ…いやいやクレイジーノイズオブロケンローな3人組、A Place To Bury Strangersのたぶん二作目、『Exploding Head』。鼓膜を吹き飛ばすオーシャン・オブ・ノイズぶりに磨きがかかって、ヘッドフォンで爆音で聴けば天上まで一気に連れて行ってくれる。

過去記事:A Place To Bury Strangers 『A Place To Bury Strangers』
マイスペのリンクとかライヴ動画もこっちに。

3ピースの編成は変わらずで、相変わらずその音の芯はシューゲバンドにありがちな"叙情性"とは無縁のダーティ・ロックンロール。その中で曲の尺が少し伸びるとともに奔放さが増し、アヴァンギャルドなギターノイズ実験の色がより強調された。といっても複雑になったとか抽象的になったとかそんなことは全くなく、身体的快楽に素直な直情爆発。やはり髄はロックンロールだ。
いやもう七色のファズトーンに右から左から殴られているだけでも気持ちいいんだけど、これを注意して聴いてみるとバンドのサウンドのバランスが良くなっていることに気付く。使用割合の増した生ドラムや、ハードな歪みでギターに絡んでいくベース。こういったサウンドが強調されているから、この強靭な八分音符の上でこそ七色のファズが惜しみなく美しくノイズを咲かせられるのだということが分かる。
ベストトラックは何と言っても"Deadbeat"。タランティーノ風のマカロニ・リフにノイズギターが覆い被さり、フィードバックダダ漏れで突き進むロックビート。ラスト一分は反吐のような快楽に耽るままギターネックがしごき上げられ、サウンドは汚ったねえノイズでぐしゃぐしゃに壊れたまま転げていく。
変則的なサウンドではあるけれど、音楽というかロックの快楽のど真ん中を突くバンドだ。我を忘れて気持ちよくなる、そのために自由になる。前作の紹介記事でも書いたけど、快楽を突き詰めるって実はすごいことだと思う。


おすすめの聴き方なんですけど…
サラウンドヘッドフォンで大音量で聴くと天国行けますよ。
耳痛いすけど。
スポンサーサイト
 

プロフィール

 

伊達さん

Author:伊達さん
恐怖と雑音と
カワイイだけがオレの信仰
about

拍手する

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

月別アーカイブ

 
 

検索フォーム

 

 

twitter

 

 

リンク

 
 

FC2カウンター

 

 

RSSリンクの表示

 
 

最新コメント

 
 

最新トラックバック