『sound of DRAGON CRISIS!』 『the scene of DRAGON CRISIS!』

ふつーにいつものアニソンの記事書いて更新数稼いでやるかと思ってたんですが、今朝聴いた二枚でそれどころではなくなってしまいました。先日秋葉原行ったんです、秋葉原。彼女に会いに(この日の彼女の髪型が僕のツボを突き過ぎていて、筐体の前で意識不明になるところでした)。で、まぁそんとき帰りに覗いたお店で見つけたのがその問題の二枚なんですけども。


ドラゴンクライシス! オリジナルサウンドトラックドラゴンクライシス! オリジナルサウンドトラック
(2011/02/23)
宮崎誠、堀江由衣 他

商品詳細を見る


うちにある多数のアニメのサントラを眺めながらふと思うことがあって…。べつにサントラの内容が最高でなかろうとアニメ本編の内容が最高な作品はたくさんあると思いますが、それはそれとしてサントラが最高なアニメって大抵本編も最高だよねってことなんすよね。
というわけできっと今期最高のアニメであるところの、ドラゴンクライシス!のサントラです。

ドラクラと音楽っていうとまず浮かぶのが一話なんすよね。全僕が衝撃を受けた、音楽と完全同期して映像が奏でられるAパート。あれで分かるように、このアニメの音楽って基本しっかりリズムというかノリを打ち出していて、メロも聴いてすぐ鼻ずさめるくらいキャッチーで。驚いたのがいまリリースされているBDなんすけど。これのメニュー画面で流れるBGMがまたデラいい曲で、本当抜かりないわけですよ。で、これが2分に満たないインストの小品なわけですが、この中にしっかりとイントロ~Aメロ~Bメロ~サビという流れがある。そんでもって一巻・二巻とも、一貫して曲調はラフなギターとアナログシンセのメロによるちょい懐かしいようなパワーポップ。
サントラ全体の中でもひとつの柱となっているのがこれらのパワポ調の楽曲で、"Begin"、"Wonder Pop"~"Together"~"All The Way"、"Daily"あたりの曲はもう、歌が乗るとこ乗ったらシングルカットするぞっちゅうような曲に仕上がってます。このへんのロック趣味な感じは、派生して"Run & Gun"、"Risk"、"Dead Heat"なんかのメタリックなリフ中心の楽曲にも感じられるところです。
で、もうひとつの柱がバイオリン中心のストリングスによるシンフォニックな楽曲です。こういったファンタジー要素の濃い作品だと定番ではありますが、これがまたいい曲揃い。"World"、"Engage"、"Rose is..."、"Relief"、"Calmness"どれもキラキラのメロディだけで充分モノになってるんですが、そこにロックなリズム体やアルペジオのギターが絡んで、ただオーケストレーションな感じの音にはなってないのが面白い。
で、この2つの柱の合わさるのが"Dragon Crisis Theme"。唯一3分越えのインストで、がっつり入ったギターと絡むストリングスの重厚な楽曲です。他にサントラに色を添えるのがアクセントとしてのジャジーな楽曲。トライバルなリズムがブレイクから一気に踊る4ビートにシフトチェンジするSunrise"、大胆にジャズアレンジされた"Rose is... (Jazzy Mix)"、スラップするウッベのリフが強い印象を残す"Mad Villain"。
こんな感じで盛りだくさんな39曲入りサントラ、OP/EDのTVサイズを除くとアルバムを締めくくっているのは何と"For Elise"「エリーゼのために」。只者じゃないすね。

楽曲は全て宮崎誠さんによるもので、後で書くキャラソンアルバムのほうも全曲作詞作曲に編曲までこの人が手がけているという。スゲー半端ねえーっちゅうかどんだけドラクラ好きなんだ宮崎さん、って感じなんすけど。まぁこれはこれで壮大な前振りだったりしますが。

思ったより熱が入ってきてしまったので、もう一枚は続きに収納しておきますね。

スポンサーサイト
 

プロフィール

 

伊達さん

Author:伊達さん
恐怖と雑音と
カワイイだけがオレの信仰
about

拍手する

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

月別アーカイブ

 
 

検索フォーム

 

 

twitter

 

 

リンク

 
 

FC2カウンター

 

 

RSSリンクの表示

 
 

最新コメント

 
 

最新トラックバック