Pre 『Third Album』

今回は久々に歌入りのロックもので書こうと思って…。
このアルバムが色々な意味で面白かったんすよね。

Exceedingly Good Keexことアキコ・マツウラ率いるNYCのくそったれビョーキ・ロックバンドPreの、アルバムタイトルから分かる通りの3枚目がこちら。

Third AlbumThird Album
(2011/09/27)
Pre

商品詳細を見る


レーベルSKiN GRAFTを体現するかのようなこのバンドのサウンドは、ノー・ウェイヴ、ノイズロック、パンクをかき回して狂ったテンションでぶちまけるジャンク・シット。Weasel Walterも大のお気に入りというのも、聴けば納得。
まず冒頭の"Yr Fun is Fun"の強力さよ。



ネジれまくるギターリフの反復とブレイクの連打で、いきなり狂騒の渦に巻き込まれる。何考えてるんだ一体と言いたくなるワケの分からんヴォーカルに引っ張られながら駆け抜けるバンド、ほとんどの楽曲が1分台。
ベースリフの印象的な"Cold"、ファニーなメロディが逆にイッてる感を醸し出してしまう"White Castle"…とアルバムは目まぐるしく進んでいくんだけど…M6"Dead Pony"で一気に空気が変わる。いや変わるなんてもんじゃない。それまで「リフや曲単位ではかなりアレだけど、音的には思ったより真面目だな」みたいな印象を受けていたところ…。
ビヨビヨとC級モンド・ムービーを思わせるシンセにつんざくギターフィードバック、ボトムから凶悪に突き上げるベース…全てが狂った地下系カルトサウンドのお出ましで、バンドはアルバム前半と全く違う表情を見せる。3分越えのこのトラックの後半はノイズギターがド腐れのフリージャズをかますカオス状態。続く"Treasure Trail"でもパリッパリに尖ったギターと極悪な音圧のベースの上にヘドのようなノイズをぶち撒けまくりで、もうどうしちまったんだ一体って様子。流し聴くことを全く許してくれない。

ちょっと気になって調べてみるとこのアルバム、M1~5はSteve Albiniの録音による新録で、M6~13は過去のレアトラックなんかの再録という形になっているらしい(ちなみにマスタリングは全てWeasel Walter)。
これってちょっと面白くて、天下のアルビニ・サウンドも不向きなものがあるというか。ぶっちゃけこういうクソ極まる不快ジャンクバンドには、ぐちゃっとしたミックスで・ギターはノイズダダ漏れだわ・ベースはデカいわ・ドラムは割れてるわ・ヴォーカル歪んでるわ・のアングラサウンドがぴったりということなのかなと。
あらゆるところが常軌を逸してしまっていて、普通のバンドだとこの音はマズいってことになるんだろうけど。

といった所で、残るトラックもPre本領発揮のとんでもねえシットばっか。
全編意味不明な絶叫でアヘりまくるヴォーカルがブレイクで突然入れる「あなたと歌う、魅惑のデュエットを。」(日本語)の台詞が謎のカタルシスをもたらす"Swollen"。こんな下品なベースの音聴いたことない!"Silver Skull"。捩じれ疾走リフとブレイクのストップ・アンド・ゴーはアルバム前半曲にクソを塗りたくったような仕上がりの"Coughing"。
極めつけクライマックス"Big Dique"(あら、お下品)。アルバム中最長3分41秒使って何をしているかと言えば、初っ端1分半で楽曲を跡形もなく破壊し尽くし、そっからはひたすら病んだフィードバックノイズ垂れ流し続けてるという最高に狂った一発。ラスト15秒でいちお体裁だけ整えてアルバム終了という喝采もんのシメになっている。

このアルバム、ダース単位で黄色い救急車呼びたくなるような後半のビョーキっぷりを聴いてしまうと、前半は正直物足りなくも感じる。ただその前半の曲にしても、見晴らしのいいサウンドでバンドの核の部分がシンプルに見えると思うと聴く価値はある。ように思う。
ただ個人的には後半の感じのジャンク貫いてアングラ街道驀進してほしいなぁ~とか思わずには。つーかこの様子だと、ライヴは相当スゲーんだろうなぁという感じがする。日本人メンバーもいることだし、来たりしませんかのう。


Preのmyspace
試聴可。

続きにライヴ動画など。
このバンド名なんで、めちゃめちゃ探し辛い!
スポンサーサイト
 

プロフィール

 

伊達さん

Author:伊達さん
恐怖と雑音と
カワイイだけがオレの信仰
about

拍手する

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

月別アーカイブ

 
 

検索フォーム

 

 

twitter

 

 

リンク

 
 

FC2カウンター

 

 

RSSリンクの表示

 
 

最新コメント

 
 

最新トラックバック