FC2ブログ
 

 

 

Wolf Eyes 『No Answer - Lower Floors』

遅ればせながらこの前ようやくミヒャエル・ハネケの『愛、アムール』を観たんですけど…っていうかこの邦題、アムールってすなわち愛ってことなんで、まるで意味が分かりませんね(原題は単に"AMOUR")…まぁともかく観たんですけど、これが爽やかな感動とかをくれる映画かと思ったらむしろ逆で…。
美しいとか感動とか面白いとかそういうシンプルな決着を慎重に避けるようにして、結果的に得体の知れない、しかし途轍もない質量の余韻を残すっていう、とんでもない映画でした。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



No Answer: Lower FloorNo Answer: Lower Floor
(2013/04/23)
Wolf Eyes

商品詳細を見る


Wolf Eyesは米国ミシガンのベテラン・ノイズバンドで、96年から活動を続けており100以上のリリースがある。
Nate Young、John Olson、Aaron Dillowayといえば米国ノイズシーンの重鎮筆頭という感じの面子だけど、彼らが一緒に演奏していたのがこのバンド。
Arron Dillowayは05年に抜けていて、引き継ぐ形でHair PoliceのMike Connellyが参加、今作では更に変わってJim Baljoなる人物が参加しているとのこと。
そんなわけでこのWolf Eyes、あちらのノイズ~インダストリアル界隈ではレジェンド的に扱われるユニットであったりもするのだけど、実はあんまり音源持ってなくて(うちにあるのはJohn Wieseとのコラボ音源とか)今回久し振りに買ってみた。
というのもこの人たち、確かにリリースはとんでもなく多いんだけど、これ程の有名ユニットにしては異様に音源が入手しにくいのよね。というのもリリースのほとんどが自主レーベルからの限定つきCDRという形だったりとDIY極まる活動形態を続けているので…。
で、今回は久し振りにちゃんとしたレーベルのDE STIJLからリリースということで、簡単に手に入れられたわけ。
心なしか音もちゃんとしてる気がするぞ。
そんな感じでWolf Eyes。


もともとはLPとしてのリリースだったせいもあるのか、6曲入り38分というコンパクトな内容。
一聴して感じるのは、かなりかったるい音(笑)ということ。
切れ味鋭いノイズが襲い掛かるかと思いきや、引き絞られた演奏のミニマルな反復と脱力ヴォイス、散りばめられた電子ノイズの絡みは酩酊したような感触で、むしろノーウェイヴ。
M2"Born Liar"での壊れたギターノイズとミニマルの取り合わせなんかは真っ当に格好良かったりするけど、いずれにせよ単純にノイズ的、という音ではない。
最近話題になったりしていたDeath Gripsをクッソダルくしたような感じか…?などと思ったり、明確なビートの存在にこれまた近頃のノイズ~インダス系の人のダンス/テクノへの歩み寄りを思ってしまう辺り、Wolf Eyes流の"今の音"ってことでもあるのかな。しかしこのサイケデリックなユルさは他に全くないものではあるけど。

強力なのはラスト2曲。
"Confession Of The Informer"は12分越えの楽曲で、遅く重いキックの上に各種ノイズが間を置いてコラージュされていくという内容。ギターは定位を細かに入れ替えて、ヴォイスもバラバラに切り刻まれ、ディレイがかったそれらが空間に乱雑に放られていく演奏は不穏極まりない。
そこから続く"Warning Sign"、これが今回のアルバムを総括する1曲かな。ビリビリと鋸めいたギターの不快ノイズがループし続けるところにひとつづつ音が重ねられていく。ミニマルで、引き絞られているけれど、"つんざく"という表現がシックリくる痛々しい音響はまさにノイズ、いったところ。

衝動的でインプロ寄りなノイズミュージックとは全く違った音というのが逆に面白いというか、このおっさん達のヒネクレぶりを感じさせるな。
最初はえっ?なんだこの音?と思うんだけど、聴いてるうちに悪酔いしてきて、2回目聴くともうそれが良くなってくる。最近きちっとしたビートのある音楽も聴くことが増えていて、自分の中ではその橋渡し的な感覚もあったりで面白かった一枚でした。

続きにライヴ映像など。


 

プロフィール

 

伊達さん

Author:伊達さん
恐怖と雑音と
カワイイだけがオレの信仰
about

拍手する

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

月別アーカイブ

 
 

検索フォーム

 

 

twitter

 

 

リンク

 
 

FC2カウンター

 

 

RSSリンクの表示

 
 

最新コメント

 
 

最新トラックバック