FC2ブログ
 

 

The Dead C 『Rare Ravers』 Siraph 『Siraph』 Jóhann Jóhannsson 『Mandy (Original Motion Picture Soundtrack)』 Hedvig Mollestad Trio 『Smells Funny』

最近良かった音楽(ロック)


The Dead C 『Rare Ravers』


こういうコアなベテランバンドって10年で2枚とか良くても3枚出してファンがめっちゃ喜ぶみたいな感じになりがちだと思うんだけど、この人達は近年も活発なリリース。
どんなバンドかは過去に書いた記事を参照してください

昨年のライヴ映像もメチャクチャ素晴らしいっす

それで今回のアルバム。
例によって近年の感じの長尺ジャムが二本。間にインタールード的な短い演奏が挟まってる。
相変わらずロックの死体って感じの演奏なんだけど、今回はちょっとアンビ味というかドローン味というかそんなのを感じたかな。
意外とブルージーなアルペジオを延々反復するギターと低域ノイズで唸り続けるようなもう片方のギター。
ドラムは今までだと無関係なビートをミニマルに提供し続ける役割が多かったように思うけど、ここでは叩くとこと叩かないとことはっきり分けてるような。
しかしこういう腑分けして説明すればするほど虚しい音楽ってあって、つまりこれはそういう意志、とか意図、みたいなものを読み込もうとする努力を鼻で笑って否定してくる感じもするんで。
何ていうのかな。
たまたま、今回アルバムに入ってるのがここ、って。
延々何十時間もジャムしていて、その中からたまたま切り取られてるっていう、そんな印象をいつも受ける。
垂れ流しという言い方があるとすれば、このバンドはそれこそが演奏だし音楽だ、と言えるところまでその方法論を究めてきてしまったんだと思う。


Siraph 『Siraph』



6曲入りミニアルバム。

Vo - Annabel
Key - 蓮尾理之
Gt - 照井順政
Ba - 山崎英明
Dr - 山下賢

ということでざっくり言っちゃうとスーパーバンドという感じではあるんだけど。
自分的には、やっぱSchool Food Punishment大好きで、その中でもサウンドの核は圧倒的にベースと鍵盤だよなって思ってたんで、その二人がいるっていうことで聴いてみた。
やはりSFPを思わせるところはあるけど、それプラス、照井さんがいるのでギターもバキバキと鳴っていたり、ミニマルなアプローチが全編で聴かれたりと。
ただ、ギターバキバキと書いたけど、一方でビート的にはストレートなロック的なそれをほとんど採用してない。
SFPでは結構ダンス的であったり推進力のあるストレートなビートが軸にあったように思うけど。
ここでは三拍子系のポリリズムが多く聴こえてくる。
でもサウンドデザインとしてはリズムに重心を置いて聴かせるという感じでもなく。
ギターと鍵盤のエフェクトかけて入り組んだ単音フレーズでぶわーっと吹雪のようにする場面とかかなりあるんで。
更に歌ものという感じでもないんだよね。
ヴォーカルというか、ヴォイスのような。歌詞も(内容もあるけど)頭に入ってくる感じではなく、あくまでサウンドとして音楽に関与してる。
"カーテンフォール"のずっと停滞してる感じがサビで一気に雪崩れるようなところとかやはりカッコいいし、キャッチ-さはあるんだけど、でもやっぱ名状し難い音楽だなって。
メロディとかリズムとかコードとか歌詞とか、どこかに強みがあってそこにフォーカスすることで構造が分かる、みたいな音楽ではない。
全体なんだよね。
うまく言えてるか分からんけど。
曖昧さと強度がここまで髙いレベルで両立しているってやっぱとんでもないアンサンブルだなぁと思う。

てかやっぱ自分は山崎英明氏のベース大好きで、ずっと追っているんですけど、今回の"想像の雨"とかもなんか凄すぎて笑ってしまう。めちゃ良い。


Jóhann Jóhannsson 『Mandy (Original Motion Picture Soundtrack)』


映画『マンディ 地獄のロードウォリアー』のサントラ。
ヨハン・ヨハンソンの遺作のひとつということになる。
このサントラ、スペシャルなのが、ギターをSunn O)))のStephen O’Malley スティーブン・オマリーが担当しているという。
ヨハンソン×オマリーというスペシャルすぎる組み合わせ。
内容もこの二人に期待する通りのもので、ギターとシンセの重厚なドゥーム・ドローン。
シンプルゆえ語りしろの少ないアルバムではあるが、素晴らしいの一言。
ディープな残響エフェクトのもたらす深すぎるボトムの響きに幻惑される。
ドボドボ脈打つリズミックノイズのような曲やアンビもあるけど、盤全体は漆黒の世界観で貫かれてる。
ほぼほぼSunn O)))な破滅的ノイズギタードローン"Burning Church"に震える。
惜しむらくはサントラゆえ曲尺が3分程度しかないことか。
15分くらいのバージョンで聴きたい曲がいくつもある。


Hedvig Mollestad Trio 『Smells Funny』


ノルウェージャズの森の奥からやって来たダーティ・スウィート・ロックンロール・マザーファッカーズことHedvig Mollestad Trio ヘドヴィグ・モレスタッド・トリオ。
過去にも何度か書いてるように思います

もうほんとに間違いない人たちだよね。
本質的、と言ってもいい。
脳髄から腰骨までぶっ叩いて、ロックンロールは美しいということを教えてくれる。
ドラムとギターとベースという三すくみの美しさってやっぱり永遠で。
今回ギターのはっちゃけぶりがかなり素晴らしいのだけど、"Bewitched, dwarfed and defeathered"のノイズ化したソロとか特にもうウワァーって感じが。
あと、ぶれない事がここまで嬉しいバンドというのもなかなか無いなと。
新しくならないことは美学なんであって、結局ツェッペリンのライヴアルバムって今聴いても普通にカッコいいし、その次にこのアルバムがかかって盛り上がるみたいなことが、この人達のあり方の面白さじゃないかな。
全6曲のシンプルさも潔く素晴らしい。
最高です。最高。

スポンサーサイト



 

プロフィール

 

伊達さん

Author:伊達さん
恐怖と雑音と
カワイイだけがオレの信仰
about

拍手する

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

月別アーカイブ

 
 

検索フォーム

 

 

twitter

 

 

リンク

 
 

FC2カウンター

 

 

RSSリンクの表示

 
 

最新コメント

 
 

最新トラックバック