FC2ブログ
 

 

ゼロイン、ガールフレンズ

ゼロイン10 (角川コミックス ドラゴンJr. 33-19)ゼロイン10 (角川コミックス ドラゴンJr. 33-19)
(2009/09/10)
いのうえ 空

商品詳細を見る


大好きなマンガのひとつです。
美少女+銃ってビール+枝豆みたいな「とりあえず」感のある組み合わせだと思うんですけど、そういう作品群の中ではトップクラスに好き。
人は死ぬし、えげつない暴力が日常に介入したりもするハードなマンガです。それでいて、少年マンガ的な熱量ではどうにもならないことが多々起こる。ドロドロした感じではないですが、痛快さだけを求めると違くて、なんていうか読むのに体力使うマンガでもあります。
でもだからこそ読んだっていう重みがちゃんとある。重い少年マンガ、とか言えばいいのかな。
重いって言葉を使うと違う気もするんですが…。

あとコレ重要なんですけど、現進形で毎回成長しているマンガだと思うんですよ。どんどんキャラクターが人間的に魅力を持っていったり、絵に力が入っていく、そういうのが巻を進むごとに感じられます。こういうマンガは追っかけがいがありますよね。
ついでにもうひとつだけ重要なこと。
大人がちゃんとかっこいい。



GIRL FRIENDS 3 (アクションコミックス)GIRL FRIENDS 3 (アクションコミックス)
(2009/09/12)
森永 みるく

商品詳細を見る

最高っすなー。
一個の記事の中で二回使うのはどうなんだって感じですが、これも大好きなマンガ。
ちょっとチャラい子と優等生が恋するっていうのは百合における「間違いない」パターンのひとつです。
僕の好物のひとつでもあります(うるさいよ)。
しかしこの足の遅さが愛おしい。このマンガももう3巻めなわけですが、ここに至ってまだ「(女の子同士というのは)考えてなかった」とか言ってるわけですよ。中学高校時代って、何かと足の速い奴のもてはやされる謎ヒエラルキーの残りがちな時期ですよね。でも、恋愛に関しては足遅くていいんです。むしろ遅くあるべきだ。みんなこのマンガとかかがみふみを先生の作品ばりにトロい恋愛しちゃえばいいんじゃない。むしろそれがいいじゃない。
もう何を書いているのか分かりませんが、言いたいのは「ハタから見たら相手の子を完全に好きなのに自分のその気持ちに気付けない女子、最高」ってことなんです。長い。
スポンサーサイト
 

Comment

 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://teardropmissingpiece.blog115.fc2.com/tb.php/174-bf78d457
 

プロフィール

 

伊達さん

Author:伊達さん
恐怖と雑音と
カワイイだけがオレの信仰
about

拍手する

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

月別アーカイブ

 
 

検索フォーム

 

 

twitter

 

 

リンク

 
 

FC2カウンター

 

 

RSSリンクの表示

 
 

最新コメント

 
 

最新トラックバック