FC2ブログ
 

 

フォーエヴァー・ヤング

最近はろくにネットができない環境だったのをいいことに、未来ガジェット研究所に入り浸っておりました。

Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)(通常版)Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)(通常版)
(2009/10/15)
Xbox 360

商品詳細を見る


というわけでシュタインズゲートが面白い。
ひょんなことからタイムマシン(厳密には違いますが)を作ってしまった中二病青年・オカリンこと鳳凰院凶真を巡るタイムトラベルもののお話です。
このゲーム自体は、こうしたノベルタイプのアドベンチャーゲームの体裁をとったものには珍しく、いわゆるギャルゲーではありません。しかし、一方でギャルゲーの形式に非常に自覚的なゲームです。
CLANNADのことを書いたときにちょっと取り上げたんですけど、シュタインズゲートの作中にもしばしば登場する「バタフライ効果」という言葉をそのままタイトルにとった『バタフライ・エフェクト』って映画ありますよね。ギャルゲー的なものについて考えたいならとりあえず見てください、ってな映画ですが、この映画が提起するのと同じ問題意識を、このゲームも共有しているように感じました。

こっからはゲームを実際にプレイした人向けの話になりますが…
作中でタイムトラベルに関してキャラクター達が議論しますが、そこでギャルゲーでの例えや「強くてニューゲーム」なんて言葉が登場します。これに沿って言うと、要するにこのゲームで言う「タイムトラベル」って、セーブとロードじゃないですか。
つまり、普通のゲームでは(ゲーム内の)世界のひとつ外側にあるそのシステムが世界のうちに組み込まれている、っていうものと捉えることができると思っていて。
このゲームに選択肢はありませんね。かわりに、過去に送る携帯メール「Dメール」を送るか送らないか─ゲームをロードするのかしないのか─ということが選択肢になっている。ギャルゲーのプレイに関して、「選択肢でセーブ」ってよく言いますね。一度選択をしたあとそのデータをロードして選択に立ち戻り、別の選択の結果も見る。実に何気なくするこのことがどういう意味を持っているのか、このゲームには考えさせられます。
いま僕のプレイ状況は鈴羽エンド・フェイリスエンド・ルカ子エンド、とみっつ見てきた感じなんですが、これがそれぞれとても面白くて。

続き。
オカリンは、ギャルゲー的に言えば「プレイヤー視点」を持っている主人公ですね。過去の選択をやり直すことで変わった現在において、彼だけはその変化を認識できる。作中で、彼はこのことに何度も苦しみます。物語を進めていくということは、「あり得た可能性の世界」をひとつづつ消していくということ。その罪悪感をいくつも背負いながら、物語を進んでいきます。
我々はギャルゲーにおいて何の罪悪感もなく何度も選択をやり直しますが、そのことになぜオカリンは苦しむのか。そう思わされますが、この苦しみはとても重く描かれていて、それが逆に問い返してくることがあるような気がします。

鈴羽エンドについて。
これはラブプラスについて前に書いたことのそのままだと考えています。
つまり、温室のような優しい世界を終わらせたくないがためにその日常を延々と継続することは、その世界の価値そのものを奪っていくかもしれない、ということ。
オカリンは過酷な現実を受け止めたくないがためにループし続ける「優しい世界」に逃げ込みます。が、そのことは彼の心を少しづつ壊していってしまいます。ループすれば元通りになるのなら、この世界にあるものは壊しても構わないんじゃないか。そう考えてしまうと。
何度も繰り返すものは次第にその価値を失っていく。それが一回しかない、それでも選択をする、そのことが物事の価値を保証してくれる。「優しい世界」を抜け出して現実と向き合うことは、=鈴羽の思い出を犠牲にすることでもありました。誰かを選ぶということは、誰かを切り捨てるということの裏面です。ギャルゲー的なもののなかで忘れがちなことですが、現実の時間というものを考えるとそこでは「すべてのヒロインとエンディングを迎える」ということはできないわけです。
シュタインズゲートってそこが巧くて。ストーリーの中に脇道のように埋め込まれている各ヒロインのエンディングを見ながらゲームを進めていくことで、「その可能性を切ってここにいる」という感じが強調されて、そのことがかなり切ない。「プレイヤー視点」の形式ならではです。


フェイリスエンドについて。
ここで思うのは「こうであったかもしれない」という可能性を切り捨ててそこに立っている、という「痛み」は、この世界の価値として結構大きいんじゃないかということです。
Dメールでフェイリスの願いを叶えてあげるオカリンですが、結果的にはやはりその結果を元の状態に戻さなければいけなくなる。ところがフェイリスの願いは「死んだ父の生きていた可能性未来」というあまりにも重いものです。オカリンが辿り着こうとしてる「世界変動率1以上の世界」が重みを増してくるのもこのときです。こうした可能性すらも切った結果としての世界。
もちろん最初にいた世界はフェイリスの父のいなかった世界です。なのでフェイリスは願いの叶った世界を「夢」と言っています。「夢を見せてくれてありがとう」と。世界が改変されてしまうと、改変される前のことをオカリン以外の人間は覚えていない。ということは無理に罪の意識を背負うこともないわけですが、それでも彼はそれを背負っていきます。やはりこれをギャルゲーのプレイ状況として考えてみると、この痛みって今までみんな見逃してきた痛みという気がします。
僕がそのヒロインのルートを選ばなかったせいで、そのヒロインはいじめを受け続けるのかもしれない。僕がそのヒロインのルートを選ばなかったせいで、そのヒロインは夢を叶えられないのかもしれない。それらのことをごまかさずに描けば、このフェイリスルートのような過酷な話になるんじゃないでしょうか。

ルカ子エンドについて。
全ユーザー待望の、かわいい男の子に告白されたりかわいい男の子とデートしたりかわいい男の子と結婚したりするルートですね。いやしかしこれがまたすっげえ切ないんです。
ルカ子が女の子でいられる最後の日のデート。あのシーンやべえっすよ。その期に及んでまだルカ子との付き合い方に戸惑っていたオカリンは、最後のデートを失敗してしまう。しかし、これってよく考えると失敗しておいたほうがいいようにも思える。作中でクリスティーナさんも言ってましたが、あのままルカ子のDメールを打ち消してしまえばデートを失敗したという結果もなくなる。さらには、これまでのふたつのエンディングで分かる通り、その世界での思い出がいい思い出であるほど、その世界を消すことが辛くなってしまう。にもかかわらずオカリンは、「こんな終わり方でいいわけがない」と必要もないのに時間を再び逆行していくわけです。痛みを背負うためだけに戻る。普通できませんよこういうことは。
そして、この逆行の先に待っているルカ子エンドは、本当に過酷な結末を迎えます。誰かを選ぶ、という、ギャルゲーの基底的な構造の残酷さを何の飾りもなく抉り出したのがこのエンディングでしょう。


ひどく辛い話ですが、これらを見ることが逆にメインストーリーを進める動機付けとして機能する。このあたりも巧妙です。自分がしているのはどういうことなのか。これをまっすぐ見せてしまうことは、普通モチベーションを奪ってしまうと思うんです。それが逆に機能しているのは、オカリンがプレイヤー視点をあらかじめ持っているためではないでしょうか。ここまでくると普通のギャルゲーの主人公のようなキャラクター視点ではあまりにもプレイヤーと視点が剥離してしまう。例えば『AIR』とかで文句が出ていたのってこの点ですよね。視点が鳥まで行ってしまって、事態を傍観するに任せるしかなくなると。
とこがここではオカリンはプレイヤーと同じ痛み、同じ責任を背負っている。オカリンとプレイヤーの視点って、かなり同じものを見ているはずです。『ever17』なんかだとプレイヤーは最終的に神視点のほうに近づいて行くわけですが、これと逆のことが起きている感じです。世界変動率1%に挑戦するのはオカリンだけれども、同時にプレイヤーでもある。この視点を演出するのって、かなり大変なことだと思うんですね。
システムを操作するような、神視点の行動がゲーム内に落とし込まれることで、そこに本来物語内のキャラクターの特権であった「責任」や「痛み」が浮上してくる。

選択を繰り返すこと。そのことで全ての可能世界を体験すること。世界の断片を集めながら、プレイヤーだけが唯一誰もが幸せな世界を見られる=救済されるということ。そも何かを選ぶということは、裏返せば他の何かを捨てている、という単純な事実。
これらが目を反らさずに描かれた作品を僕は今まで見たことがなかったし、同時にこれらを描いてくれる作品が出ないかなとも思っていました。そんでこのゲームは、もうプレイしながら頷くことしきりなんですね。僕が言って欲しいと思ったことを大体言ってくれるっていうか。すごくいい作品です。
さて、続きやりますか。



つうか…僕がオカリンにこんなにも感情移入できるのって、彼がハードなドクターぺパリアンだからってのもあると思うんです。僕も冷蔵庫には何本かドクターを備蓄しているので。以前に一度、ジャックダニエルをドクターで割ったことがあったんですよね。普段はあまり割って飲まないんですけど、ふと好物ふたつを合わせたらすごくいいものが出来るんじゃないかという考えにとりつかれて。
結果としては、ダニーとドクターは仲が悪かったらしく…これがかなりハードケミカルな独特すぎる風味のものになりまして。以来一度もやっていません。


追記追記…
ルカ子エンドをやっていたときにうちの箱が選曲したのが、何を思ったのかこの曲でして。
完全に涙腺破壊されました。

Smash Mouth - Your Man
スポンサーサイト



 

Comment

 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://teardropmissingpiece.blog115.fc2.com/tb.php/180-8af0accb
 

プロフィール

 

伊達さん

Author:伊達さん
恐怖と雑音と
カワイイだけがオレの信仰
about

拍手する

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

月別アーカイブ

 
 

検索フォーム

 

 

twitter

 

 

リンク

 
 

FC2カウンター

 

 

RSSリンクの表示

 
 

最新コメント

 
 

最新トラックバック