FC2ブログ
 

 

島特有のヤツかな…

ってなわけで下から続く…なんですが、マンガはいっぱい読んでたんです。
そんで4冊くらいここで取り上げておきたいのがあって。ばーっと行きます。

まず、圧倒的に面白かったのが
ゆゆ式 (2) (まんがタイムKRコミックス)ゆゆ式 (2) (まんがタイムKRコミックス)
(2010/02/27)
三上 小又

商品詳細を見る

ゆゆ式の2巻。大好きなんですこのマンガ。
まんがタイム系日常4コマの中でも一際ゆるく、切実さのかけらもない軽薄なマンガです。ネタもオチているようなオチていないような…それ以前にネタには感覚的なあるあるネタが多くて、いわゆるお笑い的な笑いとは全く違うような妙な笑いが出る感じです。シュールっていうのとは違うんですが。…っていうかやっぱ言語化し辛いんですよねこのマンガは。雰囲気的な笑いというのかな。空気感。この言葉がわりとしっくりくる。
もうみんな読めばいいと思いますよ。そしてぐねーってしてください。
特有のヤツに慄いたりしてください。


4コマでもうひとつ面白かったのがあって、
ら~マニア 1 (IDコミックス 4コマKINGSぱれっとコミックス)ら~マニア 1 (IDコミックス 4コマKINGSぱれっとコミックス)
(2010/02/22)
こもわた 遙華

商品詳細を見る

ら~マニアです。
ラーメンブログの更新だけが生きがいの半ひきこもりの主人公のもとに、豚骨ラーメンの妖精さんと塩ラーメンの要請さんがやってくる…といういい意味で頭の悪いお話。
僕は今住んでるところがかなりのラーメン激戦区で、その関係で結構お店でラーメンを食べたりするんですが。ラーメンっていうのはあれでなかなか不思議な食べ物なんですよね。何が面白いって、ラーメンほどキャラ付けされている食べ物ってないじゃないですか。名店系のカップ麺なんかがコンビニで並んでいる風景って、面白くないですか?同じラーメンなのに、明確に方向性の異なるものがしのぎを削っている。で、ラーメンを取り巻く環境というのはそのカップ麺の棚の拡大版とも言えて…。
あとがきに
「とんこつってドロドロしたこってり系の性格じゃないかなーとか 塩はあっさりできつい性格なんだろう~とか」
という言葉があって、この感覚が他の食べ物だと呼び起こされないと思うんですよ。
つまりどういうことかと言うと…
僕のところに魚介醤油ラーメンの妖精さん降臨マダー?ってことなんですよ。


イメージなししょっぺー!
青春♂ソバット 3 (IKKI COMIX)青春♂ソバット 3 (IKKI COMIX)
(2010/02/25)
黒娜 さかき

商品詳細を見る

青春ソバット3巻。
前にも書いたマンガの続刊です。
BLです。みんな大好きなBL。
メガネ男子の白洲のマジ恋の相手は実の父親で…?というどこから突っ込めばいいんだ、ってな話がこの巻のメインなわけですが、今回も相方のノンケガイ・有田くんはかろうじてどこにも突っ込まれていませんのでご安心ください。
これがやはり読ませるマンガで、とくに有田が預かっていた眼鏡を白洲に返すシーンなんか、大好きですよもう。青空と無言のやり取りと、2人の距離感と。よく出来た青春映画のよう。一方で友達とつるんで近所の銭湯を手伝うほっこり(ほっこり!ですよ。強調しときますけど)系のエピソードもあり。これまた独特の空気感を持ったマンガで、BLかよ…と言わずに読んでみて欲しい作品です。


あねおと 1 (アクションコミックス)あねおと 1 (アクションコミックス)
(2010/02/27)
元町 夏央

商品詳細を見る

やはりいいですね…この人のマンガは。
事故で兄を失くしたばかりの中学生女子に突然弟ができるっていう、萌えっとした感じの文脈だとわりとありそうな感じのお話です。そういうキャッチーなネタで掴んでおいて、話の中身はけっこう暗澹としています。主人公の家族は半ば崩壊状態であったり、冴えない眼鏡の弟は学校に行けばいじめられていたり…。
お話も面白いんですが、この人のマンガですごいのは、生体的に「生きてる」いのちをマンガの中に描きこんでいることだと思うんです。何て言えばいいのか…汚くて、においがして、温度がある。そういう身体として生きている、っていうことを描いている。ふつう作品のなかに描かれる「生きてる」っていうのは内面的なものだと思うんですが。
汗まみれになって歌って踊ったり、土まみれになって枝豆をもいだり、海辺でタコを拾ったり。そういうところの描写をあえて綺麗には処理していなくて、そこに生命感が強烈に宿っていると思うんですね。この感触って、元町さんのマンガ意外ではなかなか見ない気がします。



そんなわけです。
じゃ、ゲームに戻ります。
スポンサーサイト
 

Comment

 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://teardropmissingpiece.blog115.fc2.com/tb.php/230-6e1a2a8d
 

プロフィール

 

伊達さん

Author:伊達さん
恐怖と雑音と
カワイイだけがオレの信仰
about

拍手する

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

月別アーカイブ

 
 

検索フォーム

 

 

twitter

 

 

リンク

 
 

FC2カウンター

 

 

RSSリンクの表示

 
 

最新コメント

 
 

最新トラックバック