FC2ブログ
 

 

 

Pet Bottle Ningen 『Pet Bottle Ningen』

グチャグチャのギター&ドラム、繰り返すモチーフのアルト、ドラムが急激に踏み込むブレーキでバンドは足並みを揃えて多段構成の変拍子リフへ…、と思いきや一瞬のうちに荒れ狂うギターノイズの渦。息着く暇も与えずにシャープなドラムが切り込む。ガチッと決める締めまで1分2秒。ファースト・トラック"Gluten"。
寸分違わぬマスメティクスからジャンクノイズまで一気に叩き落す、取扱注意のアヴァンギャルドジャズ。こりゃ…
マジキチやないかい!

Pet Bottle NingenPet Bottle Ningen
(2011/06/28)
Pet Bottle Ningen

商品詳細を見る

あれぇ…なんで貼った瞬間にNo Imageになるんだろ…まぁこれはいずれ画像が出てくるフラグですよね。

Pet Bottle Ningen=ペットボトル人間はNYCで活動する若手(メンバーは85年~87年生まれ…えぇ~)グループで、ギターのDave Scanlon、ドラムのDave Miller、アルトサックスの吉田野乃子からなるトリオ編成。…で、プロフィール読んでくと、「独特で不快なサウンドを追求している」とか書いてある。今回John ZohnのレーベルTzadikの若手ミュージシャンを取り上げるSpotlightシリーズからリリースされたのがこのアルバム。
しかしこれがもうほんと喝采モノの、最高に狂った一品。マジキチはかっこいい。少なくとも音楽ではそう。

アルバムは13曲40分という内容で、2分から3分の、ジャズ関係ではそうそう見ないくらいの短いトラックが並んでいる。しかし短いからペラいなんていうことは全然なく、濃厚なサウンドを間断なく猛然としたスピードで打ち込んで来る。
"Osiris"では変態リズムを細かく刻むキメのパートからフリークアウトしたサックスソロへ。あるいはなだれ込むインプロパートをギターの不快極まるクソノイズが襲い来る"Expire"など、整→壊へと一瞬にして様相を変える構成が彼らの楽曲のひとつの確立したスタイルと言えそう。

しかしもちろんそれだけでなく、合間合間には様々なスタイルを織り込んでくる。
"14or9"ではドラムの軽快なファンクビートでインしたかと思わせてサックス&ギターが津波で押し寄せるクソのような正気を失ったノイズサウンドをぶち撒ける。冷静に刻むドラム。狂うギター。狂うサックス。病院行けよ。
最長トラックとなる8分半の"Tupperware"では実験音響スタイルのインプロで、空間エフェクトをシームレスに切り換えながら多様なサウンド処理のアプローチを見せるギターは(それまでの演奏からすると)意外すぎる。
"Hide Face"では即興部分に重きが置かれ、大半がパワー・フリーなスタイルのノイジーなインプロとなっている。同系の曲構造を持ちながらインプロ部で奥行きのある空間系即興を聴かせる"Orange Soda Cigarette"もある。

ベース抜きの編成にしても、変拍子を大量に盛り込んだコンポーズにしても、ノイズジャンクなサウンドにしても、Little Womenに結構近いところがある。NYCアングラから出てきたというのもそうだし、アルバムの長さが40分なんてところも似てる。
ただ、アチラが重量級の二管アンサンブルとじっくり煮立てていくような曲展開を特徴にしているのに対して、Pet Bottle Ningenの音は軽量級と言えそう。トリオというコンパクトな編成で、楽曲もスピーディに展開し、曲数も倍ある。どちらも狂った音ではあるけど、ゆえに違いが際立って聴こえるのがまた楽しませてくれる…てなわけで、Little Womenのアルバム"Throat"も併せてどうぞ(営業)。

アルバム最後の13曲めに収録された"The Insect Enters and Close Door,Please!"。それまでと毛色の違うタイトルに、相反する37秒という尺。ジャケット裏を見ると、札幌でのライヴからの録音、という表記がある。
この気になるトラックの内容は……、

やっぱここでは書きませんので、ぜひ聴いてみてください。僕なんかアルバムラストまでさんざ狂った音を聴かされてきたのに、爆笑しながらツッコミ入れずにおれませんでしたね。
マジキチやないかい!
と。


Pet Bottle Ningenのmyspace
アルバムから4曲聴けます。

続きにライヴ動画貼っておきますね。

"Expire"



"Cherry Blossom Scandal 34"



"Lick Sketches #1"


さ、明日はインプロセッション頑張るぞ!
スポンサーサイト
 

Comment

 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://teardropmissingpiece.blog115.fc2.com/tb.php/321-a8faa0eb
 

プロフィール

 

伊達さん

Author:伊達さん
恐怖と雑音と
カワイイだけがオレの信仰
about

拍手する

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

月別アーカイブ

 
 

検索フォーム

 

 

twitter

 

 

リンク

 
 

FC2カウンター

 

 

RSSリンクの表示

 
 

最新コメント

 
 

最新トラックバック