FC2ブログ
 

 

2011年のアニソン10選


久しぶりに調べたらJFJOが大変なことになっていた…ローズのソロやばいぜ


いぇいっ!伊達さんですっ!(高槻やよいの真似をしながら登場)
今年最後の音楽記事を書く前に、せっかくだしもう一個クズ記事書いちゃうぞ!
で、余所様のブログで今年の音楽~選みたいなのやってるのをtwitter経由で見て思い立ちまして…、
まぁ例年通りで僕は普通に今年の音楽~選みたいなのを選出するのは無理なんですけど
(そんなん記事書いてる音源は全部最高だからそれがそのままベストやっちゅうねん…的な感じで)
アニソン10選とかだったら出来るなーと思って。
幸か不幸かは知りませんけど今年もアニソンのシングルは数十枚買ってますし。
そんな感じでまぁ10曲とか振っとけば語りたい曲全部入れられるやろ…と思ったけど…無理…でした…


あっ最初にさらりと書いとくと今年のベストなアニメは
・THE IDOLM@STER
・Aチャンネル
・ドラゴンクライシス!
・C
…ってまぁ言うまでもねーか…当たり前すぎるチョイスな気もするな…
とにかくこの4本で、作品補正なのか知りませんけども、セレクトした曲もここからのものが多くなってしまいました。
近頃のアニソン全体の状況っていうのを見てみると、とにかく既にあるアーティストなりバンドなりのタイアップものが増えたというのがまずありますよね。一昔前は作中でキャラクターを演じる声優さんが主題歌も担当、というのが主流だった気がしますが。
そこでそうしたタイアップ以外のアニソンが打ってきた手って、楽曲と作品との結びつきを強めることだと思うんですよね。その曲であることの必然性というのかな。絵が欠けても音楽が欠けてもこれはなりたたないな、みたいなものが増えてきた。
上のベスト作品でも筆頭に挙げさせてもらったアイマスとAチャンネル、これがまさにその傾向を表してて、楽曲が必然性を持って作劇の中に織り込まれてるんですよね。どちらも音楽をとても重要視している作品なんですけど。
まぁそういった状況が出来つつあると思ってて、だからアニソンを語るってことの意味もちょっと今までとは変わってきてるのかなーなどと。
「さらりと」とか書いてるのに前置きが長ぇーなオイ!

優柔不断な現代っ子らしく順不同でいかせてもらいますけど、ベストだけは決まってるんですよね。圧倒的でした。

1.
How to go(アニメ盤)(期間生産限定盤)(DVD付)How to go(アニメ盤)(期間生産限定盤)(DVD付)
(2011/12/07)
School Food Punishment

商品詳細を見る


何度も書いているとおり僕はこのSchool Food Punishment(以下SFP)というバンドが大好きなんですけど、このシングルは今までの彼らのシングルの中でも最高の一枚だと思います。
この前の"RPG"~アルバム"Prog-Roid"の流れでは音楽がちょっとまとまってきたかな~という印象があったのが、今回一気にまた派手な舵を切ったなと。SFPの曲ってどれもタイアップで番組で使われる際には「頑張ってエディットしてポップソングとしての体裁を整えました」みたいな感じになるんですけど、今回はもうそれが極まっちゃって、テレビ版とオリジナルが完全別曲。
テレビのほうで使われてる1コーラスはまぁ普通にトリッキーかなーという感じで推移していくんですが、そこから。2コーラス。
まず完全にもとあったメロディーは消え去っていて、一般的なA-B-Cみたいな展開はこの曲では無視されているのが分かります。そこに当てはめられているのは、3連のリズムを基本にしたリズム体と8基準のリズムのウワモノ&ヴォーカルによる変則パート。音はまばらで調性をほとんど感じさせなく、即興的。彼方から押し寄せるノイズに、一瞬のブレイク、一瞬で足並を揃えて前進するバンド…この瞬間は鳥肌なんてもんじゃないですね…。もう勘弁してくれって感じなんですが、ここから更に捩れるリズムは高速の3連へ。暴走するシンセの縦横無尽のソロ、長い長い迂回を経て、楽曲はやっと二度目のコーラスまで辿り着いて行く…この後の3段重ねのサビの高揚感はちょっと異常なくらい。
うわっ1曲で書きすぎた。でもこれはほんと凄かったんで…。
そういえばこの曲、もとからある曲をテレビに使うっていうタイアップじゃなくて、使われてるアニメの"UN-GO"の監督と意見を交換しながら出来上がった曲らしいですね。上で書いた作品と音楽の関係性って部分でも、面白い話なんじゃないでしょうか。
カップリングで3曲目に収録されたYMOの"君に胸キュン"のカバーも曲名見たときおったまげましたけど、聴くと納得の変態アレンジ。


2.
BuddyBuddy
(2011/10/19)
坂本真綾

商品詳細を見る

坂本真綾 with School Food Punishment。この曲はなんと作曲と後ろの楽器陣がSFPです。
ただ面白いのはこの曲はもう少しポップ寄りだというところ。とにかくメロディが美しいというのがまず頭に残りますよね。ストリングスも強いし、SFP単体の楽曲よりもプロデューサーの江口亮のカラーが出ているような。
その中でもイントロで聴かれる混沌としたポリリズムやアクセントの裏表が目まぐるしく入れ替わるB部分、バカテクで暴れまくるリズム体などSFPカラーはきっちり出ているのがまた堪りません。


3.
SHINY SHINYSHINY SHINY
(2011/04/27)
DWB feat.ニルギリス

商品詳細を見る

ニルギリス。この人たちと言えばこれまた僕の大好きなエウレカセブン(2012年続編放送決定!おめでとう!)での"sakura"なんですけど、本来はああいうキラキラしたような曲よりもちょっとダークな感じのものがこの人たちのカラーなんですよね。
そこでいうとこの楽曲はちょっと不思議で、キラキラとほの暗さが入り混じって不思議な浮遊感があるような。
「SHINY SHINY 気がつけば僕ら微笑む この世界はこんなにも愛おしい SHINY SHINY 悲しげな君の瞳に 星がいっぱい映っているから」
歌詞にしたって、この1フレーズだけでハッピーとサッドの入り混じる感じとかね…。
ループする周期性のグルーヴの気持ち良さが極上で、これはまた延々聴いていたくなるような曲ですね。


4.
青い栞青い栞
(2011/06/15)
Galileo Galilei

商品詳細を見る

あの花もいいアニメでしたね。
Cが最高とか言っときながら、結局あの花のBDのほうを全巻買いました。
いや…時代感というかね…。
で、この曲なんですけどね。
これ、テレビで聴くと夏らしく爽やか切ないポップソングなんですよね。この人たちの曲を聴いたのが他には"おおきく振りかぶって"の"夏空"だけだったんで、うっかり普通のバンドなのかと思ってたんですけどね…。
とんでもないですねこれ。
冒頭の印象的なワンフレーズをモチーフにしつつ、サウンドが次々あらぬ方向に変化していくという。空間的なエフェクトを重ねてベースはステイで、調性も薄まっていって…。サビのコードもちょっと変な感じだったりして、もう普通な部分が全然ないんですよね。よくこれをあの爽やかなポップソングに仕上げたなテレビ版…と。
あと何気にカップリングの"スワン"がめちゃめちゃ好きです。過剰にリヴァーヴ&ディレイしたとろっとろのギターで、もうどっか行っちゃいそうなサウンドで…。
「心療内科の受付横の窓から見えた 砂場の如雨露に苔がむす 揺れてたブランコはひとつに結ばれ 「ここにいる」なんて言葉は嘘になるんだろうな」


5.
恋の道程恋の道程
(2011/06/15)
kanon × kanon

商品詳細を見る

これはねぇー、何や、曲がむっちゃええやろ。(普通)
いやいい部分いっぱいありますよマジで。僕この曲超好きですもん。
この手のエレクトロニックなアニソンとしては適度な音数とキラキラ具合で見晴らしがいいし、そこでサウンド的にギターも立ってくるところがあって…。ちょっとか細いようなヴォーカルのしゃくり上げるサビなんかエモくてグッと来ますし。それに何と言ってもブーストされたチェロのソロというのが意表を突かれるし、曲にも見事に嵌まっていてすばらしい。
いやでも何といっても曲がいいですね。やっぱり。


6.
ドラゴンクライシス!キャラクターソングアルバムドラゴンクライシス!キャラクターソングアルバム
(2011/03/23)
TVサントラ、如月竜司(下野紘) 他

商品詳細を見る

Amazonさんの馬鹿野郎!アルバムタイトルは"Character Symphony The Scene Of DRAGON CRISIS!"だよ!それじゃこれがまるでただのキャラソンアルバムみたいじゃないですか…。
このアルバムに関してはここでがっつりこってりと書いたので、あんま書くこともないですね。
何だろうな。このアルバムを世界で一番…あるいは作った宮崎誠さんの次に…好きなのは僕なんじゃないかなって思いますよね。んなこたないか。あ、そうだ。宮崎誠さんを知ったというか意識しだしたのって、この"ドラゴンクライシス!"なんすよね。サントラもこのアルバムも全曲作ってるということで。
そんでこの人の作る音、好きだなーと思って、ずっと追ってますね。追ってるというか、イイと思って買ったらこの人だったみたいな。最近だと"Fly Away"とか"世界の果てに君がいても"とか…。そんな意味でも印象に残ったアルバムですね。
…スミマセン、1曲選べなかったのでこれだけはアルバムで勘弁して下さい。まぁ一枚でひとつの大曲みたいなもんだし…。


7&8.
Aチャンネル 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]Aチャンネル 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/06/22)
福原 香織、悠木 碧 他

商品詳細を見る

とうとう曲紹介すら止めたか…って思われそうですけど、このアニメでの楽曲ってちょっと特殊で。
毎回違う挿入歌を入れるという、フツーのアニメで考えるとちょっと無茶苦茶なことをやってるんですけど、その挿入歌が毎回高いクオリティのクセして音源はBD&DVD特典のCDでないと手に入らないという。まぁしばらくしたらアルバムとかの形でリリースされる予感もしますが…。
そうした楽曲の中でとりわけ好きなのがこの2巻に収録されているぶんの2曲で…。
"summer dream syndrome"は僕の中で夏アニソンの新定番になりましたわ。まず曲がめちゃめちゃ良いのと、ちょっと電波っぽくて遊び心もありますし…何気に凝ったリズム構造なのが堪らないんですよね。バウンスする16のファンクなリズムとハイテンポな4ビートを自由に行き来して、ベースラインなんかめちゃ歌ってて聴き所しかありませんし。つーか4ビートのアニソンは基本的にだいたい好きかもしれないな…。でまた、サビのヴォイシングがシャレオツ切なくてまたちょっと泣けるんすわ。これはるんちゃん補正も含めて大好きな曲です。
もう1曲、"ぎゅっとして欲しいんだ"は全くカラーの違う曲ですね。浮遊感とノスタルジックな感触の混じるエレクトロニックポップス。ずーっと同じ進行を繰り返す、ほとんどモーダルな曲ってとこも面白いんですけど、この曲に関してはヴォーカルが凄いと。悠木碧さんですけど、このキャラクターに完全に入っちゃってる感じ…。アニソン、とくにキャラソンって、歌としての巧い下手とは別に、キャラクターが表現されているかみたいな軸があるわけですよね。そこから言うとこれはトップクラスなような。作品中で流れるシーンのエモさも相俟って、アニソンならではというところで印象に残ってます。
しかしAチャンネルの楽曲に関してはイベントに行ってそこで生の歌を見たっていうところの補正も確実にありますね。


9&10.
THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 05THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 05
(2011/11/30)
V.A.

商品詳細を見る


THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 06THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 06
(2011/12/28)
V.A.

商品詳細を見る

まぁアイマスですが。
いやね、今年最高の作品について触れなくてどうするって話なんですよ。
とはいえこの作品の楽曲に触れるとなると…
もちろん既にして僕ら世代の萌えオタの新たなアンセムとなった2曲のオープニング主題歌に触れないわけにはいかないし、
この作品全体のテーマを全開で表現した3話のライヴシーンで圧倒した"ALRIGHT*"に触れなきゃいけないし、
あからさまなサザンへのオマージュっぷりと「ずっとずっと大好き/あなただけを」の切実に響く"MOONY"、
プログレすぎて放送当時全僕が呆然としたキメキメ変則リズムのアヴァンギャルドな"黎明スターライン"にも触れたいし、
"風花"みたいな、楽曲的にもヴォーカル的にも異常なくらい完成度の高い曲もスルーできないし、
BD特典のジャズアレンジCDでの"隣に…"は名曲バラードが超キメキメのハードなビッグバンドになってて度肝抜かれたし、
"約束"、"眠り姫"はそりゃアニメにおける「劇中で歌を歌う」ということの意味をごっそり変えてしまったわけで…
もう、決められねー!『アニマス楽曲30選』とかいう記事作った方が早いわ!
むしろ僕が死んだほうが早いのでしばらく死んできます!

…ここまでやっといてそんなわけにも行かんので、唇を突き破る勢いで噛み締めながら2曲決めました。
悩みに悩んだベスト2曲ですわ。

まず"自分REST@RT"ね。
これはまず前半クライマックスのライヴで、次にドラマ的なクライマックスとなる24話で、まさに必然として使われた楽曲ですよね。これ、僕的にはアニメ版アイドルマスターの象徴かなという曲で。
アイマスって伝統的に、ちょっとメタっぽくアイドルのことを歌った楽曲があるんですけど…古くは"THE IDOLM@STER"から"MEGARE!"まで…まずその最新ヴァージョンってのがありますよね。で、それって、それぞれの時期のアイマス全体のテーマソングでもあるし、作中のアイドルたちが全員で歌うある種のアンセムでもある。
この曲はそういった曲たちの一番いったところなのかなと思います。この切実さはちょっとなかなか出てこない。メロディの美しさも…なんだこれいつのまにか泣ける…。
「すべてが報われる瞬間 いつまでも続け 夢なら覚めないでいて」
歌詞がまためちゃくちゃ良くてねぇ…そんで24話のあのシーンは、ちょっとアカンですわ。
あんな美しいフィルム、あっていいのかって思いましたわ。

で、この作品の中でのベスト曲なんですけど…17話で使われた"自転車"ですね。
いまついろぐさんで自分のツイート検索かけたら >真クンの歌う自転車聴いて泣いてる というツイートが3つくらい表示されたんですが、

ああだめだ、真の歌う自転車やばい。全体に靄がかったリヴァーヴと飽和したシンセの浮游する中に、堰を切るように不恰好なままのエモーションが雪崩れ込む、その瞬間に、おれはぶざまな程に自分が心を動かされているのを感じるのだ
posted at 18:55:10

いやね、この曲の最後のサビは、文句なしに今年アニソン聴いてて一番美しいって思った瞬間ですわ。
好きだよ、好きだよ、好きだよ。
こんなにきれいな言葉はきっとあまりないだろう。
そこに剥き出しのエモーションが流し込まれるその最後の一瞬のためだけにこの楽曲は構成されているのであって、何ていうかそれって素敵ですよね。
好きだ。

しかしこのアイマス楽曲語りの止まらなさ…アイマスにおいて楽曲を語るということはそのまま作品を語るということでもあるのかもしれない。
というわけで2011年アニソン10選でした。
終わってみれば一番上で挙げたベストアニメの中で使われてる曲が半分だわ、しょっぱなSFP二発だわの偏りに偏った10選になりましたが。
僕が普段聴いてる音楽ってなんていうかアレなので、ほぼ唯一のポップソングとの接点がアニソンなんですよね。だからこそ、たまにはちょっと腰入れてポップソングについて書いてみるかっていうの込みでの記事でした。
まぁでもtwitterやっちゃってるとこういう記事はほんと一年の締めに一本やっときゃ充分だな!





圧倒的な偏愛的内容のツイートをpostして恍惚とするぼく

#アイマスは祈り
posted at 20:13:30

アイマスはほんとにすごいな。幸せで楽しくて可愛くて切なくてつまりは最高だって思える。
posted at 19:49:55

つーか今日は何を言いに来たのかというと、つまり、アイマス見た。見終わって思った。「敗北(まけ)た」。
posted at 21:16:46

アイマスは奇跡みたいなアニメじゃなくて、アニメみたいな奇跡なのかもしれない
posted at 19:37:00

はぁ…今週のアイマスまじよかった…まじ…(息を切らせながら)
posted at 06:47:35

アイマスってなんでこんなに真摯なアニメなんだろう?
posted at 06:49:54

僕は、アイマスが、好きです。
posted at 19:26:22

アイドルマスター。
posted at 02:24:01


…何ていうか、気持ち悪いな!



最初に貼った曲の生ピアノでやってる版もありました…このおっさんマリワナでもキメてんのか
スポンサーサイト



 

Comment

 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://teardropmissingpiece.blog115.fc2.com/tb.php/329-d70fe72e
 

プロフィール

 

伊達さん

Author:伊達さん
恐怖と雑音と
カワイイだけがオレの信仰
about

拍手する

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

月別アーカイブ

 
 

検索フォーム

 

 

twitter

 

 

リンク

 
 

FC2カウンター

 

 

RSSリンクの表示

 
 

最新コメント

 
 

最新トラックバック