FC2ブログ
 

 

 

Luis Lopes / Jean-Luc Guionnet 『Live at Culturgest』

『アイアムアヒーロー』観たのですがやー素晴らしかったなこれも。
最近ほんと邦画ハズレ無し状態と言いますか、この前置きでしばらくずっと邦画について書いてますけど、
取り上げてないなかでも『葛城事件』『ディストラクション・ベイビーズ』とかね、どれもホント見ごたえある映画で。

『アイアムアヒーロー』ね。
まず原作漫画の一巻てこれ、一冊の本として異様なまでの完成度があって。
マンガの、絵だから現実も幻想もシームレスに同じ紙面上で展開できるという特性なり、花沢先生のそれまでの作家性をそのままミスディレクションに使っちゃってたり、
それで誰も予想しなかった方向に急展開する物語。そこをどう映画に落とし込んでるか?ってのを見てほしいですね。
で、そこからですね、この映画が驚異的なのは。
主人公が住宅街の中から歩いて街の大通りへ向かっていくんだけど、その角を一つ曲がるたびに事態がヤバくなっていく…っていうのをほぼリアルタイムの長いシークエンスで書いている。
ここがもうね。度肝を抜かれるので是非見てもらいたいですね。
それ以降も映画として隙がなく、デザインとか描写とか振りの付け方みたいな部分でも"世界にお見せして誇れる基準"でありつつ日本らしいところがいちいち感じられたりとか…。
描写の容赦ない部分に関しては、制作にテレビ局を挟まないようにして作ったので、今までメジャー邦画で出来なかったことも可能になっているとのことですが。
お馴染みシッチェスやSXSWのミッドナイトで観客賞取りまくってるとのことですがそれも納得!の堂々たる一本でありました。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


live at culturgest

前衛ジャズ好きの琴線に触れるリリースを連発するリスボンのCleen Feedより、11年のライヴを音源化したCDが昨年出ていたもの。
流通がよくないので、僕は普通にペイパル使って公式で買った。

Luis Lopes - electric guitar
Jean-Luc Guionnet - alto sax

24分と18分の2パートからなるシンプルな即興演奏。
ジミヘンの影響を大いに受けそれをジャズギターに取り入れたというギタリストLuis Lopes ルイス・ロペスは同レーベルより幾つか参加作をリリースしている。その中のHumanization 4tetがすごく好きなバンドで、彼の活動を追っているのもそこからかな。
Jean-Luc Guionnet ジャン・リュック・ギオネはサクソフォニストとしての他エレクトロニクスを用いたエレクトロアコースティックの演奏も行い、ノイズ的な感覚を持った荒々しい独特の演奏をする演奏者。デモなどの政治活動に熱心で何度も捕まったりしてることでも有名。笑

持続音、フィードバック、楽器から自然に漏れるノイズ等を絡めながらじっくりと展開する立ち上がり、高域で音がひとつの直線に収斂し、ギターのトーンが急激にひび割れる…導入からもう堪らないものがある。
あくまで断続的なロングトーンの形態を崩さないサックスが、ギターに触発されるようにフラジオし始めれば、ギターは演奏を止めてみたり、間合いを読みつつ互いに徐々に重い打撃を打っていく、なんだか格闘技のようなやり取り。
編成からも構成からも想像させる部分ではあるけど、互いに過激に煽り合う場面ではすわ解体的交感か!?という様相を呈してくる。いややっぱり意識してやってるのかな?という気もする。

二者とも演奏者としては裏表がないというか素直というか、勢い重視のパンキッシュな演奏をシンプルなトーンで展開していて、聴いてて抜けが良く非常に気持ちいい。ロペスはエフェクト使いはいつもシンプルだけど、ここでも恐らく簡単な歪みしか使っていないと思われるギターの硬質でエッジの立った音が清々しい。
ていうかザ・シングとかも音が見た目に現れてるようなルックスをしてるけど、この人達もゴツいおっさんの見た目通りの音だな。
ゴツゴツバリバリした音をハイスピードでぶち撒ける殴り合い即興演奏は、この手のものの好きな人にはご褒美という感じでしょう。
これはかっこいい。おすすめ。



続きに映像など





ルイス・ロペスお馴染みのノイズソロ


最近やってるバンド


最新ソロLPはこういう感じらしい



ジャン・リュック・ギオネ ソロ


ノイズ
スポンサーサイト
 

Comment

 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://teardropmissingpiece.blog115.fc2.com/tb.php/498-7b656ac5
 

プロフィール

 

伊達さん

Author:伊達さん
恐怖と雑音と
カワイイだけがオレの信仰
about

拍手する

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

月別アーカイブ

 
 

検索フォーム

 

 

twitter

 

 

リンク

 
 

FC2カウンター

 

 

RSSリンクの表示

 
 

最新コメント

 
 

最新トラックバック