Greg Fox グレッグ・フォックスのライヴを見に行っていた

来月ライヴやります!
サイゼリヤをグループ利用する際に使用している名義で出演します。
我々は3ギターを擁する編成にてソニックユース~ブランカ的なミニマル/ノイズロックを展開する予定です



ご無沙汰しています。
ここ最近は映画をふたつくらい観て…















あとはひたすらニーアオートマタをやっていたような記憶があります


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


で、今日というかさっきZsの凄腕ドラマーGreg Fox グレッグ・フォックスのライヴを見てきたのですが。
八丁堀駅のすぐそばを流れる川の中州にあるライヴハウス七針、初めて行ったけど、すごく雰囲気良いですね。
ブエナとかに近い感じかな。30人入ったら軽く満員くらいの広さで、ステージとかなく同じ目線で演奏する感じ。
で、そうグレッグ・フォックス。
本国では音大のジャズドラム科のマスタークラス持ってるようなのをどっかで読んだけど、自分の印象としてはジャズ的な小節や拍を無化する方向とは逆、リズムを数理的…微分的?…に精緻に突き詰めた結果の超絶技巧みたいな印象を受けたかな。
ある一定のパルスが流れてはいる。ただリズムというのはそれを如何様な割り方にも解釈し得るということで、その可能性が多元的に同時に存在している。
4であるということは64であるということで、それは同時に3でもあり、24でもあるということなんだけど、それらの間を驚異的なスピード感でジャンプする。その音の詰め方の緊縮によってダイナミズムが生まれる。
だからダイナミックであると同時にミニマルでもある。厳密に整然としているから。
嵐のようなドラミングなのに静かとも感じてしまう、そんなロジカル超絶ドラムといいますか。
彼は最高のドラマーですねやはり。

それに加え今回はドラムにセッティングする特殊なシステムを用いていて、それも面白かったな。
スネアやタムにセンサーをセットして、それがラップトップに繋がっているという見た目。
これは何かというと、ドラムの太鼓の中の叩く箇所や部位に音を割り当てて同期するように様々な音が出力されると。
これを用いて電子音と絡めた演奏をしたり、合成音声で歌わせたりしておりました。
見てもらう方が早いかな。スネアのみでこんな演奏になる

勿論ニュアンスとか含め技術が要求されるのは言うまでもないけど、ドラムソロパフォーマンスの新たな形かなと。



自分はもともと音源でもドラムソロのものとか聴くの非常に好きなんですけど、このグレッグは一番ライヴで見たかったドラマーの一人で。
Zsで見た時も素晴らしかったけど、バンドや曲という外枠なしではこんな演奏するのかと。
めちゃくちゃ良かったですねはい

スポンサーサイト
 

Comment

 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://teardropmissingpiece.blog115.fc2.com/tb.php/524-2c22b67f
 

プロフィール

 

伊達さん

Author:伊達さん
恐怖と雑音と
カワイイだけがオレの信仰
about

拍手する

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

月別アーカイブ

 
 

検索フォーム

 

 

twitter

 

 

リンク

 
 

FC2カウンター

 

 

RSSリンクの表示

 
 

最新コメント

 
 

最新トラックバック