KAN 『la RINASCENTE』

KANはね~~~めっちゃ好きなんですよね~~はい

C8fopdOUIAAK601.jpg
la RINASCENTE
一番右のやつがそうなんですけど、まずこのジャケ最高と思いませんか?
分からない場合はドナルド・フェイゲンのナイトフライでググッってみて下さい


もうこの人は30年くらいやってるんですかね。
"愛は勝つ"の人KANの先月出てたセルフカバーアルバム…なんかこの言い方も、この人"愛は勝つ"と同じ位かそれ以上にいい曲というのも無数に書いてるので勿体ないなーって感じなんだけど。
まぁ自分は生まれた時代のせいかこの人の音楽をわりとずっと聴いてきていて…

今回のアルバムの特色としては、ヴァイオリン二本、ヴィオラ、チェロの生ストリングスカルテットをKAN自らアレンジしてその上でピアノを弾き歌っていること。
この人は音楽的に結構何でもできちゃう人で、今回のアレンジに関してもその非凡なセンスが出まくっている。
こういうストリングスアレンジのアルバムだとふつう弦楽隊は後ろで歌を邪魔しないように…ってなるのが、自身によるアレンジというのもあり、かなりガツガツいく感じ。
それは過去の曲の姿を大胆に変えるということでもあるし、単純ありがちなバラードアルバムに終わらないということでもあるし…。
そんで僕としては弦のバチッとかギューとか引きずったり叩いたりする音がとても好きなんだけどそれがよく鳴っていたりとかもうれしい。


小手調べといった感じのインストのワルツ"Manuett fur Frau Triendl"で弦楽アレンジのこなれっぷりを聴かせた直後、いきなりキャリア中でも最高の曲のひとつ"世界でいちばん好きな人"につなぐのだが、この曲のイントロの豊かで繊細に重なる響きでもう一気に耳が引き込まれる。
ブリッジ部とラストのサビの間に挟まった間奏部、ピアノが力強く主旋律を叩くこのパートが大好きだ。レコーディングでもライブでも毎回これをやるけれど、このパートに曲の芯の部分が入っている気がする。

"CLOSE TO ME"、これはかなり意識されてるのでは?と思うが、ビートルズ風のストレンジな合いの手フレーズを、ストリングスに様々なアイディアを投入して表現してみせる。ボトルネックのギター風のフレーズとか突拍子もないような跳ね上がる音とか面白い。
ストリングスなのにバンドの音で聴こえるという感じ。
ファニーな"キリギリス"もこの方向のアレンジが為されているけど、歌詞の中に"この曲構想足掛け5年 完成系は3分40"と歌っているところ3分50秒になってしまっているところはご愛敬か。

"いつもまじめに君のこと"、単純にポップソングとしての完成度が最高の曲だ。
ここではピアノを弾いていなくてハーモニーを弦楽隊に頼っているのだけど、ここまでいい曲なら音の見晴らしをよくしたほうがベターな形になるとの判断なのだろう。
アルバムの流れのアクセントにもなっているかな。

"月海"ではバラードに不釣り合いなほど大胆にストリングスがうねりまくるが、こういう冒険がこの人のアレンジセンスの面白いところだ。
6分の演奏の中で刻々形を変えながら、新しい流れを生んでいく。メロディがシンプルだからその動きが映えている。

ビートルズのカバー"here, There and Everywhere"を挟んで、やっぱりあの曲を演奏する。
"愛は勝つ"、本当に美しいポップソングなのだけど、ここでもサービスで入れたという感じではない本気アレンジがされている。
この曲のすごいところって、サビから始まるっていう展開なのに最初から最後までずーっと上昇していく構成だと思うのね。
AメロBメロでぐっと下がって、みたいなのがないじゃん。
それを踏まえてここでも全体を見据えてストリングスの重ねるフレーズを適宜引き出していくような……で、ピアノのあの象徴的なフレーズが現れて、またシフトチェンジするように別の展開が生まれていく…。
最後の1分に及ぶリフレインとアウトロはいつまでも続いてほしいと思わせる。

KANの書いた曲の中で僕が一番好きなもののうちのひとつが"まゆみ"なんだけど、ここで聴いても改めて、単純にいい曲だなと、それ以外のことを言えそうにない。
この小さな愛おしい物語をどんな形であれ耳にするたびに、なにもおかしくないのに笑ってしまって泣きそうになる。
こんなに美しい歌詞を持ったポップソングは他に多くはないと思う。

"彼女はきっとまた"はKANのユーモアのところがよく出た曲で、この手のちょっと笑わせるような曲をちょこちょこ書いてくるのがこの人の面白いところだよな。
ただこうして締まったアレンジで聴いてみればメチャクチャいい曲だということが分かる。

"星屑の帰り道"は何も奇をてらったことをしないシンプルな小品になっている。
これは94年のオリジナルを単純にアップデートという方向性かな。
20年以上立ってこうしてアルバムの最後を飾ることに全く違和感のない仕上がりで、こうしてこの人はいつまでも強度を失わないポップソングをいかに残し続けているか?ということに思いを馳せて気が遠くなる。
この人の曲になぞらえていうならモノホンのソングライターだと思うよ本当に。


単純にベスト的な選曲、というのなら"カレーライス"がない、"プロポーズ"がない、"言えずのI Love You"がない、それに何と言っても"君が好き 胸が痛い"が…
といろいろ言いたいところが出てきてしまうのだけどそういう事言い始めるとマジでいい曲が多すぎるということに再三気付かされるだけですねはい

"プロポーズ"という歌は僕の街に公園があってそこは噴水とか野球場とかあってかなりいいとこなんでそこに一緒に行こうみたいな歌なんだけど、この曲の中で、君に悲しい出来事があってもやっぱり公園にいこう、そこで僕は久しぶりにアルトサックスを吹く、するとそれがあんまりにヘタクソなんでまわりの人も犬もどこかに消える、それでぼくらは二人きりだから君の話を全部きこう…って歌っていて、ポップソングってこういうものだよなって思うよねなんか
今回のアルバムを聴きながら昼近い時間の山手線内の駅のホームを歩いていて、階段から沢山の人が行き来しているのが少し再生スピードを落としたような感じで見えて、何か謎の愛おしい気持ちが胸に湧き上がってきてフフッって笑ってしまったんだよね。


上の写真で今回のアルバムと弾き語りライヴアルバム二枚が写ってますがこの三枚の組み合わせは全曲間違いない内容なので最初買うならおすすめ



なんかこれは…2個しかメロディがないんですけど…クッソ良いんですけど…なんなんですかねこういうのは…
スポンサーサイト
 

Comment

 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://teardropmissingpiece.blog115.fc2.com/tb.php/528-b2524b01
 

プロフィール

 

伊達さん

Author:伊達さん
恐怖と雑音と
カワイイだけがオレの信仰
about

拍手する

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

月別アーカイブ

 
 

検索フォーム

 

 

twitter

 

 

リンク

 
 

FC2カウンター

 

 

RSSリンクの表示

 
 

最新コメント

 
 

最新トラックバック