Mats Gustafsson & Joachim Nordwall 『A Map of Guilt』 Kasper T. Toeplitz & Julien Ottavi 『Blast of Silence』 Marco Fusinato 『Spectral Arrows: Venice』

えーとまずこの前即興ロックバンドOtaku Young Teamセッションしました。

ふだんサイゼリヤで活動しています


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


bandcamp見てもらうと分かる通り、ほぼグレー~ブラックのダーク系で統一されたアートワーク、出しているものも暗黒ノイズと統一感のあるラインナップが印象的なレーベル、ポーランドのBocian。
かなり好きなのだが今回また3つほど買ったので書く。


Mats Gustafsson & Joachim Nordwall 『A Map of Guilt』

お馴染みのバリトンサックス奏者(ここではオルガンもやっている)Mats Gustafsson マッツ・グスタフソンと自身のレーベルIdealでも暗黒エレクトロニクスを展開するJoachim Nordwall ヨアキム・ノルドウォールの共作。
6曲入りで2分から19分まで曲のサイズには幅がある。
が、カラーは一貫している。
ノルドウォールの色がより濃く出たような、ミニマルで荒涼殺伐とした夜の砂漠のようなドローン~ノイズをやっている。
フリーフォームなサックスのフリージャズ的要素、一定のパルスが生むテクノ的要素というのも時折前に出てくるけど、音のテンションが上がるようなことはない。
低域で蠕動するように鳴り続けるノイズが全体のムードを決めている。
やはり聴きものは19分のタイトル曲かな。不安を煽るような強迫的なビートと揺らぐオルガンの持続音がズブズブと流れ続けてなかなか落ち込んでくる曲。
セッションというにはきわめてコンセプチュアルに作られているのを感じる盤で、これぞBocianって感じでもあり。


Kasper T. Toeplitz & Julien Ottavi 『Blast of Silence』

うちでは何度も取り上げているベーシストKasper T. Toeplitz カスパー・トープリッツ。
自作の特殊ベースギターをこれまた自作の特殊なソフトに通して圧巻のノイズドローンを生成する唯一無二のベーシスト。
Julien Ottavi ジュリアン・オッタヴィははじめて音源買ったかも。普段はエレクトロニクスメインのようだがここではシンバルとボイスをそこに通して使用しているようだ。
20分×2の潔い構成だが音もやりたいことがとてもはっきりしている。
真っ黒の超重圧ノイズドローン。
無数の楽器が折り重なっているような案外複雑な響きと単純な音の重量にやられる。
たまにホワイトハウスばりのブチキレアジテーションボイスが投下されるような展開もあり。
流れとしてはゆったりしていて過剰にいろいろ詰め込んでいるような感じはないのだが、こうして聴くとやっぱト―プリッツの音って情報量多いなあと。
曲名が"Quelques éclats d'un effondrement soudain / Odblaski nagłego upadku"とかとんでもなく長いのだが、字面見ながら音聴いてると「なんかわかる…」ってなるな。


Marco Fusinato 『Spectral Arrows: Venice』

オーストラリアのギタリストMarco Fusinato マルコ・フシナトはわりと気の狂った音楽家で、ギターを自作のエレクトロニクスに通してギターの面影が欠片もない津波のようなノイズ嵐を生む。
近年はこのスペクトラル・アロウズと題されたパフォーマンスを各地で行っており、これはそのヴェニスでのものから抜粋された音源。
で、このスペクトラル・アロウズ、何かと言えば、ギターを8時間弾き続ける、これだ。
そんでもって音がコレよ。ほぼキ×ガイである。
聴いててもうホントギターの要素全くないぶっ壊れたノイズなのだが、困ってしまうのはこれがドエラくかっこいいことかな。
Sunn O)))的ドローンドゥームが下地に聴こえるような箇所もありつつ、その上にもとにかく気の狂った量のノイズをラーメン二郎ばりに盛り付けていく。これがまたとんでもない高密度で展開しており、単調さの全然ない気持ちいい音なのだ。合間にフッと訪れる静寂もナイス。
実は今回はこれ目当てで買ったのだけど、やっぱ相変わらず同じことやってるし相変わらずクソカッコいいなあ…とホッコリしてしまった。
現行の作家の中でもエレクトリックギターの限界に挑んでいる人の一人という気がする。
これの前の作品も強烈な女性器ジャケでこのレーベルから出しているが、そっちもおすすめ。





スポンサーサイト
 

Comment

 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://teardropmissingpiece.blog115.fc2.com/tb.php/542-63d9d8c8
 

プロフィール

 

伊達さん

Author:伊達さん
恐怖と雑音と
カワイイだけがオレの信仰
about

拍手する

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

月別アーカイブ

 
 

検索フォーム

 

 

twitter

 

 

リンク

 
 

FC2カウンター

 

 

RSSリンクの表示

 
 

最新コメント

 
 

最新トラックバック