FC2ブログ
 

 

Olivia Block 『』 Henning Schmiedt 『Schöneweide』

というわけでここ数年のいいと言われている邦画を少しづつ観ていっているのですがこれも素晴らしかった、『永い言い訳』。
奥さんが事故に遭って死んだ時に浮気相手と逢ってた人気作家の話。葬儀とかテレビ出演とか色々するんだけど全然悲しみがやって来なくて困るという。
『雨の日は会えない、晴れの日は君を想う』は同じ状況…悼み忘れ…に関するアメリカ映画で見比べると面白いほか、『そして父になる』とも近いとこがあるな…と思ったらこの映画の監督さんは是枝監督のお弟子さんらしいですね。
どうりで、役者の良い表情を引き出す手腕が共通しているなと。
1年近くかけて撮影されているというのも邦画では珍しく、また方法論としてハマっていて、やっぱそういう時間っていうのは、特に人が関わり合う話描こうとすると画面に出てくるものだよなと思いますね。
それと観てて思ったのが、子どもが大人になる時っていうのは周囲や社会が「ココ!」と(成人式とかで)言ってくれるんだけど、大人がおじさんになる時ってそういうのがなくて。なりそびれてしまう人も多い。
法事とかで親戚の子供と会うと、オレ、いつ「お兄さん」から「おじさん」になるんだろう?とか思ったり。この映画は、主人公が40代半ばにしてやっと「おじさん」になるプロセスを描いているとも言えるような。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


そんな感じで出たばかりのピアノソロ作品二本立て
この季節の朝などやはりこういったものが身に沁みる
DSC_0038.jpg


Olivia Block 『』
art into lifeで買える
静音実験系のおなじみレーベルAnother Timbreより、サウンドアーティストOlivia Block オリビア・ブロックの無題作品。
この人はフィールドレコーディングしか聴いたことなかったのだが、これ聴くと演奏者としてもとても面白いというのが分かる。
13分~8分~13分の3パートに分かれていて、最初はまあこのレーベルらしいというか。
空気、空間ごと録音しているようなホワイトノイズと反響の中で、散発的にポツポツと置くように互いに関係のない音が放られていく。
不協和なような奇妙な響きで、メロディも構成せず、現音系のピアノってこういうのだなぁという音。
徐々に倍音の揺らぎを狙ったような演奏に変化するも、ピアノ演奏の枠を出ない、まぁこの手の王道といえば王道な。
続く2トラックめはいきなり弦を掻く音から始まり、内部奏法かと思っていると、後ろにジリジリというゼンマイのような音が聴こえる。
と思いきやかなりのスピードでパチパチと鳴るパーカッシヴな金属音。
恐らくこの辺りはモーター仕込みの機械か何かを使っていると思われ、ここに来て急激にピアノ演奏の想像の枠から外れた音になっていく。
途中ほぼ機械の作動音だけの箇所、ゴトゴトと重い金属の転がる音が溢れるような箇所すらあり、もう何の演奏なんだこれはってところまでいく。
3トラックめは、これもピアノに何らかの仕掛けを施していると思うが、低域のドローンと無音が交錯する虚無の境地。
なんちゅうか空間含み、無音の水面に近いところでいろんなものが踊っているような録音でもあるので静かな環境で聴くのがいいかなと。



Henning Schmiedt 『 Schöneweide』
ライナスレコードで買える
おなじみヘニング・シュミートおじさん最新作。
例によって本作も彼らしく普遍的な美しさをもったメロディがそこかしこに散りばめられているのだが、その一方で意外な仕掛けも施してある。
全15曲中の1-7をサイドA、8-15をサイドBと分けて裏ジャケに表記してある。
このうちサイドAの部分はまさに彼の音楽そのもの。空間の響きと演奏に際に楽器が生む軋みまで掬い取ったような繊細な録音で捉えられた"美しい音楽"。
驚いたのはサイドB。
冒頭の"Blauer Wind"からエレクトロニクスの冷たい響きとダブ風な音響加工が施された演奏。
音が反射して増殖するようなエフェクトをされた"barfuß laufe ich"はもっと電子的なアンビエントのような、今までにない響きだ。
パーカッション的な内部奏法にピアノ自体が生むノイズを加工した装飾も加わる"kann dich schon sehen"に至っては本来的なピアノ演奏のサウンドははもはや主軸でないようにも思える。
ラスト3曲はピアノ音源を用いたエレクトロニカのように聴こえる箇所も増えてきて、ここでも、今までひたすらにピアノにこだわってきたように思えるこの作家の意外な表情が窺える。
長いキャリアをぶれずに同じスタイルを貫いて捜索活動を続けてきた人だから、ここにきて新しいところに行こうとしているのが実に新鮮。
とはいえ、何がと言われても困るけどやっぱこの人の音楽だよなぁという感想。
聴き終われば不思議な統一感を感じるし、ちょっと冒険をしてきても全然空気を邪魔しない音楽っていう。冬の朝が楽しみになる。
ぜひ。
スポンサーサイト
 

Comment

 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://teardropmissingpiece.blog115.fc2.com/tb.php/545-2e48dbf0
 

プロフィール

 

伊達さん

Author:伊達さん
恐怖と雑音と
カワイイだけがオレの信仰
about

拍手する

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

月別アーカイブ

 
 

検索フォーム

 

 

twitter

 

 

リンク

 
 

FC2カウンター

 

 

RSSリンクの表示

 
 

最新コメント

 
 

最新トラックバック