FC2ブログ
 

 

 

The Thing 『Again』 Lana Trio 『Live in Japan』


CDはまだ届いてないのだが、デジタルは発売日から聴けるようになったので

随分久しぶりな気がするThe Thing ザ・シング最新作。
今回は21分の長尺演奏1トラック+9分の演奏が2トラックのシンプル仕様。昨年6月に二日間で録音されたとかで、そんな内容も含めちょっとライヴ盤ぽいような感じ。
2曲目のみフランク・ロウのカバーで、あとはサックスのグスタフソンとベースのフラテンのオリジナル。

まず初っ端キツいやつをくれる"Sur Face"から問答無用にかっこいい。
混沌とした即興演奏と静かに奏でられるブルージーなテーマセクション、猛烈なドラムソロ、全く別の曲のようなリフ主体のパートと様相を変えながら展開する演奏。
合間合間に聴こえる、メンバー三人の絶叫。
傑作盤『Live at Bla』での"Awake Nu"とか思い起こさす最高さがある。
今回はラストの曲以外ベースがウッベ弾いてるのだが、それもありプリミティヴなジャズ寄りの音という感じ。
続く"Decision In Paradise"は二管聴こえるんだけどこれはどういう事?トランペットっぽいのだけど…。
と思ってライナーを読むとジョー・マクフィーが加わっているっぽい。
あともう一個ライナー読み進めて気づいたのだが、今回の盤はバリトンなし。テナーとソプラノだけでやっている。
まぁ管の違いはあれどプレイヤーとしての個性がめちゃくちゃ出ていてやっぱ「あの音」だな…みたいになるのだが。
この曲の演奏も全体が即興演奏に聴こえるようなところがあって、前トラックと地続きのフリージャズの空気。
ラストの"Vicky Di"、毛羽立ったトーンのエレべの音が聴こえてくるイントロ代わりの即興から、他二曲とは全く手触りが異なる。
猛烈な手数で打撃音をばら撒きながら疾走するドラム、ノイズと化した歪ベースソロ。
一瞬のブレイクから立ち上がる重いビートとロックンロール・リフ、キターーーー!てな具合の名曲"Red River"直系ノイズロックフリージャズ。
素晴らしい演奏だけど、やっぱこういう曲はバリトンで聴きたいなーっ!ってのがありライヴでそういう風なバージョンあったりするとまた良いなぁとか。


最新ライヴ映像
7分くらいから"Vicky Di"やってる




ジャケにカタカナで「ライブ イン ジャパン」て書いてあってもうその時点で心強さが凄いこの盤はノルウェーの脳筋系レーベルVa Fongoolから出ていたもの。
でまぁ大反省大会なのだが、タイトルの通りこの人達2014年に日本来てたのですね。千葉のキャンディでやってたようだが朦朧としててスルーしてしまったっぽい。この盤自体結構前に出たものだしなぁ。
まぁ反省ここまでで、Lana Trioはこのレーベルらしい勢いある即興演奏を繰り出すフリージャズトリオ。
編成が面白くて、ドラムにピアノとトロンボーン。
機動力のあるピアノと逆に音の重いトロンボーンのパッキリ分かれた感じが個性的なサウンド。
18分~26分の長尺トラック×3のボリュームある構成。で、ストレンジな音響で聴かせる場面も多いが、自分としてはやっぱワーッと来る感じの箇所に魅かれる。
ラストトラックの"Through Sound"はそんなところが惜し気なく出ていて特に素晴らしい。
山下トリオ的なサディスティックなピアノの耳責めが気持ちいい。
ノイズっぽいトロンボーンの濁ったトーンに、メリハリ付けてバッカンバッカンいくドラムの痛快さ。
わりと何回言ってんだよ感はありますがこういうジャズが好きですね私は。



てな感じのトリオもののジャズ二枚でした
スポンサーサイト
 

Comment

 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://teardropmissingpiece.blog115.fc2.com/tb.php/557-3605bf97
 

プロフィール

 

伊達さん

Author:伊達さん
恐怖と雑音と
カワイイだけがオレの信仰
about

拍手する

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

月別アーカイブ

 
 

検索フォーム

 

 

twitter

 

 

リンク

 
 

FC2カウンター

 

 

RSSリンクの表示

 
 

最新コメント

 
 

最新トラックバック