FC2ブログ
 

 

The Pitch 『s/t [κασέτα]』 Phurpa 『Chod Ritual : Grotta Santarcangelo』 Taumatrop 『For John Ayrton Paris』 Neit Welch & Rutger Zuydervelt 『Tides』

暖かいを通り越して暑い日が続いていますね。
梅雨の足音も感じさせない気持ちのいい晴天ですが…
皆さん、壁、凝視してますか?
というわけで、こんな気持ちのいい季節に壁を凝視しながら聴きたい持続音をセレクトしました。
よろしくお願いします。



というわけで、まずこれ。
Grannyから出たばっかりのカセット。
打楽器奏者Morten J. Olsen モーテン・J・オルセンを中心とした不定形持続音楽団The Pitch。
タイトル、読めねえよ!って感じなんだけど、s/tって書いてあるし、あっちの言葉でThe Pitchって書いただけなのかなぁ…?
で、今回の編成は4人の小さなもの。
ビブラフォン(いわゆる鉄琴)とテープディレイを操作するオルセン中心に、アップライトベース、クラリネット、電気オルガンにエレクトロニクス。
アコースティック楽器を中心にそれを加工することで持続音を生むスタイル。
様々な楽器のアンサンブルという点、またサクッと音のピッチを切り換えてくる点などから、意外と展開のある音楽的な持続音という印象。
アンビエント寄りというか。
音のあたりも柔らかくて、壁を見つめる際だけでなく外歩き時に聴く持続音としても良さそう。


phurpa.jpg

Phurpa 『Chod Ritual : Grotta Santarcangelo』
これはデジタルないんで、各自art into life屋さんで注文してくださーーーい!
て感じでここでも何度も書いてますPhurpa。ロシアでチベット密教の儀式の再現パフォーマンスを行っているクレイジーな集団。
Old Europa Cafeってレーベル名、一見シャレオな感じだけど、その実ダークアンビエント/パワーエレクトロニクス系のエッグいのばっか出してます。
で、この盤。今回はライヴ盤。
78分間ミッシリと詰まった内容は、昨年夏、イタリアでのライヴパフォーマンス。
で、なんかこれがでかい洞窟でやっているとのこと。
そのせいなのか、まーたエグい音になっちゃってる。
声のSUNN O)))って前書いたけど、その路線で(てかこの人達はどの音源もしている事は一緒なのだが)ドゥーミーな地獄の低域持続音が延々と続く。
反響によってモアレ状になった倍音、音量を上げれば息苦しさすら感じさせる。
この人達の音源聴くときよくやるのだが、壁を見つめるだけでなく真っ暗の部屋で聴いても非常に良い!
目を閉じて想像力の羽を広げれば、その羽むしり取られて底なしの虚ろな大穴をただただ落ちていくような感覚に囚われる。
ほんと、重ね重ね…どの音源も同じなんだけど、どの音源も素晴らしい!


confront.jpg

Taumatrop 『For John Ayrton Paris』
はーい、これもart into life屋さんに頼んで入荷して貰ってね。
というわけで金属の缶に入ったパッケージも音のイメージとバッチリきてて素晴らしいイギリスの老舗レーベルConfrontのものを二枚紹介。
まずはこちら。
アルバムタイトルにあるJohn Ayrton Paris ジョン・エアトン・パリ、この人は誰かというと、Thaumatrope ソーマトロープというおもちゃがあって、あのグルグル回って描いてある絵がアニメのように動くやつの原型の原型みたいなものなんだけど、それを作ったのがこの人。本業は医者らしいけど。
で、このソーマトロープというのが恐らく彼らのユニット名のもとになっていると。
Ferran Fages フィラン・フェイゲスと Eduard Márquez エドゥアルド・マルケスのスペイン人デュオなのだが、マルケスはギターで、フェイゲスのほうは自作のエレクトロニックデバイスを用いている。彼のほうがリスペクトを込めてこの名前にしているということなのかも。
でこのアルバム。
まさに壁を鑑賞しながらのリスニングにぴったりな、直球の電子系持続音。
モンモンと唸る低域の上でフィードバックのような高域が何気に様々な形でサウンドを彩る。その波紋が広がっていくための余韻もたっぷり用意されている。繊細でキンと冷えたような持続音はこれからの季節に対応している感もありオススメ。
24分ワントラック。




Neit Welch & Rutger Zuydervelt 『Tides』
同じくConfontから。
Machinefabriek マシーネンファブリークことRutger Zuydervelt ルトガー・ツァイトベルト氏は電子音楽界ではかなりの有名人でゲームサントラなども幅広く手掛ける電子音楽家だけど、ドローンアーティストとしてもかなりの個性派だったりする。
例えば本名名義で出しているものに『Stay Tuned』というアルバムがあって、それはこんなもの。
楽器のチューニングの際の基準音として使われるA(ラ)の音、これの持続音を世界中の実験音楽家に出してもらい、なんと153種類集める。それらを組み合わせて作成した全一曲構成のドローンアルバム……。
まぁそんな人が今回やっているのは、アメリカのサックス奏者 Neit Welch ネイト・ウェルチの演奏をライブでリアルタイムに捉えループを作成、それに呼応してウェルチが更に演奏…という生演奏ドローンセッション。
38分一曲。
サックスの演奏をドローン化するというひたすらにそれで、かなりダークかつヘヴィな金属系持続音が鳴っている。
まずもってサウンドの質感が素晴らしく、生々しい重みと濁り、揺れを伴ったディープな響きが脳幹を揺さぶる音響に恍惚とさせられる。
ストリングス的に聴こえる箇所もあればオルガン的に聴こえる箇所もあり、このあたりはツァイトベルトの高い音響生成技術が光っている感じだろう。
睨んでいる壁がドロドロと溶解していくような妄想に苛まれる、コクのある持続音。
ぜひ。


ウェルチ氏は普段からサックスでの持続演奏をやっているっぽい


そんな感じで、皆さんも壁を凝視しながら聴くと気持ちいい音楽を探してみて下さい!
スポンサーサイト
 

Comment

 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://teardropmissingpiece.blog115.fc2.com/tb.php/561-83ce98d0
 

プロフィール

 

伊達さん

Author:伊達さん
恐怖と雑音と
カワイイだけがオレの信仰
about

拍手する

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

月別アーカイブ

 
 

検索フォーム

 

 

twitter

 

 

リンク

 
 

FC2カウンター

 

 

RSSリンクの表示

 
 

最新コメント

 
 

最新トラックバック