FC2ブログ
 

 

万引き家族、30年後の同窓会、あさがおと加瀬さん、ニンジャバットマン、アローン、母という名の女

映画観てますね…。


万引き家族
30年後の同窓会
これは同じ日に観たせいもあるのか、共通して感じたことがあって。
二作品とも、会話の組み方が独特なんだよね。
映画の中の会話は、シーンごとにその会話で出さなきゃいけない情報というのがあって、概ねそこに向かっていくように設計されてると思うんだけど、それがこの二作ではとても薄い。
必要な情報の配置がわりと適当で、殊更重要じゃなさそうにスルーされてたりする。というか、会話がただの雑談に見えるという場面がかなり多い。
万引き家族なんか、狭い空間で複数の会話が交差してたりして、意識のフォーカスみたいなところにも問題が飛び火してくる。
パンフ読んでみると案の定二作の監督のやり方には共通点がある。
即興を許容して演出に広く取り入れているということ。
万引き家族の後半の取り調べシーンなんかは大部分即興らしいし。
それがある種映画的でないような独特の会話シーンのもとになっているんだろうな。
是枝監督と言えば過去作でまだ観ていなかった『歩いても、歩いても』も最近ようやく観たのだけど、これも何でもない会話の背後に潜んでいるものが映画の核になっている話だった。


あさがおと加瀬さん
ニンジャバットマン
この時はアニメづいててこういう感じで観に行ってたんだよね。
というか加瀬さんに関しては朝起きたらあっ、なんか観たい、と思いなんとなく行った感じで、ニンジャバットマンも見るつもりなかったのだけどIGNのレビューで「突き抜けてバカげた作品」などと書かれており気になって観に行く…という、どっちも計画外鑑賞で。
加瀬さん、佐藤卓哉監督のカラーがよく出ていた感じで、特にあの光に浸したような画作りは特異なものという感じが。珍しいのが監督が音響監督も兼任しているということで、映像と音響と呼応して、スローで静謐な独特の空気感を生んでいて。素朴な小品という風にも見えるけど、その実繊細で手の行き届いた作品だったかなと。邦画アニメ映画で単発でこういうものが生まれてるってなんかいいねと。
ニンジャバットマンは全く真逆なのですけど、もうハチャメチャ。
スタッフからも分かる通りというか、グレンラガン、キルラキルの際限なくエスカレートしていくノリが、超絶映像でかなり精度高く実現されてしまっている。清々しいほど中身がない、しかしビジュアルが圧倒的で楽しすぎる。ジョジョ的なケレン味溢れる止め絵、あり得ない軌道を描くカメラのコンビネーションに、日本画のテイストを注入。実験的なアートアニメ的な舵取りも勢いでこなす。
これはもう単純に目が狂喜する、見ていて楽しい、これぞ映画、これぞアニメな作品という感じですかね。あと何気にハーレイ・クイン CV:釘宮理恵という特大のホームランを決めている一作でもありそこだけでも観に行く価値がある。


アローン
これは実に分かり易く、狙撃兵が砂漠の真ん中で地雷を踏んで身動きできなくなり、立ち往生するという内容。
無線で助けを呼ぶと、52時間後には救助が到着するとか言われる。さっき激烈な砂嵐に耐えたばっかなんだぞ、アホか。もしくは、自力で脱出してもいいとも言ってくる。踏んで即座に起爆しないのは旧式の地雷で、全体の7%はもう作動しなくなっているらしい。7%。悪くない。
この映画、オープニングがあるモラルチョイスから始まるという点、舞台がはっきりと定められていない点とか見ても実に寓話的な話で、寓話と言えば昨年のダグ・リーマンの傑作『ザ・ウォール』もそんなとこがあったなとか。主人公が極限まで限定された一点から広い視野を想像する話というのはロドリゴ・コルテスの『リミット』か。
『リミット』では平面的な、地理的な広がりとしての世界を地中の狭い棺桶の中から想像するという話だったわけだけど、こちらでは時間的な、主人公の人生全体へと視野が広がっている。そのことは映画冒頭で示されていて、回想があるのだけど、ここで回想されている時間軸というのが映画を最後まで観たときにかなり驚かされる。
映画として緊張を途切れさせない為にそうしてると思うのだけど、渇きと精神の疲弊がもたらす意識の混濁が、現実の光景と心象風景をシームレスに混ぜ合わせる。これが実にいい効果をあげていて、幻想的な観たことのない映像を見せると同時に、主人公と一緒に映画の上映中途切れることの無い極限状況に置かれるようなアトラクション的な感覚をも喚起する。
『ドント・ブリーズ』ばりの静寂演出も見事なもので、観客は自身も息を潜めることによって主人公と同調する。
戦場ソリッドシチュものは面白い映画がどんどん出てくるな。


母という名の女
これは『ある終焉』のミシェル・フランコ監督の最新作。
十代で妊娠した娘が助けを求めてきて、母がやって来るのだが、この母がとんでもない人で、娘からあらゆるものを奪っていくという…なんでそんなことするの?って何度も思わされるのだが、その答えは映画の中では明示されない。
というか、この監督の映画は常にそうだ。答えがはっきりと描かれることはない。
では曖昧な演出をしているのかというとそうではなくて、むしろ明晰、あまりにも明晰すぎるがゆえに解らない、という逆接が起きている。
劇伴を用いない。カメラは固定か、必要最低限の移動を伴う長回し。ズームやアップなどの演出の意思を感じさせる動きはほぼ見せない。モノローグもフラッシュバックもない。スローモーションなど映像の加工は勿論ない。照明は基本的に自然光かその場の照明を用いる。
きわめて即物的で、ただポンと放り出された状況に対して、観客が情報を読み取ることを求める。
前作に引き続き人間の内面を主題に置いてはいるけれど、普通の映画のようにその闇に光を当てるようなことはしない。ただ闇のままカメラの前に置いてくる。今回は女性の話だからなのか、そんな解らない不気味さが前作より際立って見えた。
無演出ではあるけど、画面の中で起こる事自体は衝撃的すぎることばかりで、退屈ということは全くない。
そしてやはり車内の後部座席や歩く人間の頭の後ろから捉えたショットの不安で不穏な感触がすばらしい。
この人以外ありえない、観始めてすぐにこの監督だなと分かる、独特過ぎる映像を作るという面でも、とても面白い監督、映画だと思う。

スポンサーサイト
 

Comment

 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://teardropmissingpiece.blog115.fc2.com/tb.php/562-a048bdd5
 

プロフィール

 

伊達さん

Author:伊達さん
恐怖と雑音と
カワイイだけがオレの信仰
about

拍手する

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

月別アーカイブ

 
 

検索フォーム

 

 

twitter

 

 

リンク

 
 

FC2カウンター

 

 

RSSリンクの表示

 
 

最新コメント

 
 

最新トラックバック