FC2ブログ
 

 

Tania Chen with Thurston Moore, David Toop, Jon Leidecker 『Electronic Music for Piano (John Cage) 』

https://yamap.com/users/1003665




あのー、これ何だろう?
自分、何なんだろう?
って思いながら、ひたすら山登ってますね笑





Tania Chen with Thurston Moore, David Toop, Jon Leidecker 『Electronic Music for Piano (John Cage) 』

2016年の録音で最近出たやつ。
ジョン・ケージの1964年のスコア、"electronic music for piano (john cage)" ピアノのための電子音楽は、ケージによる数多のピアノ曲のスコアの中からピアニストが部品を選び出して、他の演奏者に電子機器を用いた演奏を指示していく…というものなのだが…。
ピアノを担当するタニア・チェンはケージの楽曲を独自に解釈して演奏した作品を数多くリリースするアーティスト。
この人が集めたのが、おなじみギターのサーストン・ムーア、フライング・リザーズのデヴィッド・トゥープ、何だかよく分からん人ジョン・レイデッカー。
レイデッカーはミキサー等を扱っていて、トゥープは一人別録りで例によってさまざまな楽器や非楽器を用いて参加している。

これが蓋を開けると70分1トラックというシロモノなのだが、聴いてみるとちょっとそういう感じでもない。
なんかブツ切り的に、いきなり演奏が切断され、前触れなくノイズの暴風が吹き荒れ、文脈というものがないかのようにプリペアドピアノの物音がトンと置かれる、ような感じで、しかも無音部分が多い。
いきなりバツッと音が切れて、そのまま数分鳴らなかったりする。
たぶんこの辺りは、ミキサーの裁量が大きいんだろうな。
終わりも何となく聴いてると分からず、あれ、ずっと演奏始まらないな、あ、終わったんだ、という感じ。
で、最初ひとつなぎの演奏をバラバラにカットアップ的編集したものなのかな、と思ったのだが、リアルタイムのライブ演奏かもと思わせるところが端々にあったり。
静かなところで聴いていると演奏者の息づかいや椅子の軋み、アンプのノイズが聴き取れるとか。
ピアノ中心だからサウンドの手触りとして統一感はあるけど、まるっきり曲という感じがしない演奏。
まったくの無よりも、スコアというかルールというか、秩序から無秩序を出力しようみたいなことは、こういう現代音楽のひとつのベクトルではあるんじゃないか。
なんかヘッドホンでなくオープンなスピーカーで部屋で流してると良い感じになるアルバム。
カッコいいと思います。


スポンサーサイト



 

Comment

 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://teardropmissingpiece.blog115.fc2.com/tb.php/587-c573f89d
 

プロフィール

 

伊達さん

Author:伊達さん
恐怖と雑音と
カワイイだけがオレの信仰
about

拍手する

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

月別アーカイブ

 
 

検索フォーム

 

 

twitter

 

 

リンク

 
 

FC2カウンター

 

 

RSSリンクの表示

 
 

最新コメント

 
 

最新トラックバック